ホーム > まちづくり・住宅・環境 > 都市計画 > 市街地整備 > 都市再生整備計画(田端駅周辺地区)事後評価結果を公表しています。

ここから本文です。

掲載開始日:2014年4月10日

最終更新日:2015年6月3日

都市再生整備計画(田端駅周辺地区)事後評価結果を公表しています。

田端ふれあい橋エレベーター

田端台公園

事後評価の目的

事後評価は、「都市再生整備計画」に基づいて実施した事業により、どの様な成果があったのかを客観的に検証し、今後のまちづくりのあり方について検討するとともに、区民の皆様に分かりやすく説明することを目的としています。

事後評価の流れ

事後評価方法書の作成(H25.4月)→事後評価の実施(H25.5月~10月)→事後評価原案の公表(H25.11月)→区民からの御意見を伺う(H25.11月1日から14日)→第三者機関による審議[東京都北区都市再生整備計画事後評価委員会](H25.11月、12月)→事後評価結果の国への提出(H26.3月)→事後評価結果の公表(H26.4月)→フォローアップの実施(H26年度)

  • 平成25年度に、都市再生整備計画(田端駅周辺地区)が完了したため、これまで整備してきた事業の事後評価をするものです。
  • 事後評価結果は、本HP以外に、北区役所第1庁舎3階土木政策課でも閲覧できます。

都市再生整備計画(田端駅周辺地区)の概要

計画面積:127ha

計画期間:平成22年度~平成25年度

目標設定:歩いて暮らせる災害に強いまちづくり

※詳細は、下記添付ファイルの「都市再生整備計画(第3回計画変更)田端駅周辺地区」をご覧ください。

まちづくりの経緯及び現況

田端駅周辺は、古くからの農村地帯でしたが、明治時代に田端駅が開設されたことで、市街化の基礎が築かれました。
計画地内に広大なJR操車場などの鉄道用地を抱え、鉄道により地域が南北に分断され、土地利用も制限されています。また、JR京浜東北線を挟んで、北側は低地、南側は台地となっているため、南北交通は坂道が多く、駅からのアクセスが高低差により不便な状況にあります。

まちづくりの課題

JR田端駅を中心として南北に高低差があるため、日常生活において、移動の利便性・快適性が阻害されています。また、計画地内の広大な鉄道用地により、地域が南北に分断されているため、地域(コミュニティ)としてのまとまりが確保しにくい状況にあります。

公園が不足している地域であり、また、既設公園に防災施設が少なく、災害時の十分な対応に課題があります。駅周辺では、放置自転車が道路上に放置されるなど、歩行者通行の妨げになっています。

将来ビジョン(中長期)

地形的な高低差及び広大な鉄道用地による地域内アクセス改善のためのまちづくりを推進し、誰もが快適に移動できる、魅力ある都市空間を形成します。あわせて地域の活性化、防災性の向上を図ります。

都市再生整備計画に位置づけられた事業

  • 基幹事業
    【公園】田端台公園再生整備改修工事
    【地域生活基盤施設】地域防災施設(旧新町中学校体育館)、新田端大橋中央自転車駐車場拡張工事
    【高質空間形成施設】田端ふれあい橋脇昇降施設新設工事
    【高次都市施設】集会施設整備(旧新町中学校体育館)
  • 提案事業
    【地域創造支援事業】地域住民と協働による修景施設

指標の達成状況

田端駅周辺地区においては、都市再生整備計画の策定時に、目標を定量化する指標として、[1]田端ふれあい橋通行量、[2]まちづくりのための意見交換会参加者数、[3]地域の安全性に対する生活環境評価の3つの指標を設けました。従前に想定した目標値と比較して、事業終了後の数値がどの様になったのかを確認しました。

3つの指標のうち、目標値に達しなかった指標もありましたが、追加検討した指標である[その他の数値指標1]防災性強化に関する事業に対する満足度により補足できたと判断し、概ね指標は達成できたと評価しました。

※都市再生整備計画事業(旧まちづくり交付金事業)

都市再生整備計画事業は、地域の歴史・文化・自然環境等の特性を活かした個性あふれるまちづくりを実施し、全国の都市の再生を効率的に推進することにより、地域住民の生活の質の向上と地域経済・社会の活性化を図るため、平成16年度に「まちづくり交付金」として創設された制度です。

「まちづくり交付金」は平成22年度より「社会資本整備総合交付金」に統合され、同交付金の基幹事業である「都市再生整備計画事業」として位置づけられています。

都市再生整備計画(田端駅周辺地区)は、「社会資本整備総合交付金」の交付を受けて事業化を進めています。

添付ファイル

関連リンク

都市再生整備計画事業[旧まちづくり交付金](国土交通省)(外部サイトへリンク)

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:土木部土木政策課事業計画係

東京都北区王子本町1-15-22 北区役所第一庁舎3階22番

電話番号:03-3908-9252