ここから本文です。

掲載開始日:2012年1月30日

最終更新日:2015年2月21日

北区学校適正配置計画(平成19年3月)

各地区教育環境整備協議会方針等をふまえて策定した「北区学校適正配置計画(案)」について、関係する5つの地区で、小・中学校のPTA、町会・自治会の皆さん、学校関係者で構成する検討会を設置し、適正配置の実施時期や学校の位置などの検討を重ねた結果、平成19年3月、次のとおり全ての地区の結論がまとまりました。

北区学校適正配置計画

北区学校適正配置計画

地区

対象校

各地区の適正配置計画

赤羽東地区

赤羽中
岩淵中
神谷中

  • 赤羽中、岩淵中、神谷中の3校を閉校し、平成21年4月に新たに2校を再配置する。
  • 新たな2校は、現在の岩淵中と神谷中の位置に配置する。この際、1校は現在の赤羽中と岩淵中の学区域を統合して配置し、もう1校は現在の神谷中の学区域を変更せずに配置する。
  • 平成21年4月の統合後は現在の神谷中の校舎を活用するとともに、現在の岩淵中の位置に新校舎を建築するまでの間、現在の赤羽中の校舎を活用する。

王子西地区

十条中
富士見中

  • 十条中と富士見中は平成20年4月に統合し、統合新校は現在の十条中の位置に配置する。
  • 平成20年4月の統合後は現在の十条中の位置に新校舎を建築するまでの間、現在の富士見中校舎を活用する。

豊島・堀船地区

豊島中
堀船中
清至中
豊島北中

  • 豊島・堀船地区における中学校の数は2校とする。
  • 1校は現在の堀船中の位置に、もう1校は豊島中と清至中と豊島北中を平成19年4月に統合したうえで現在の豊島中学校の位置に配置する。
  • 平成19年4月の統合後は、現在の豊島中の位置に新校舎を建築するまでの間、現在の豊島北中の校舎を活用する。

滝野川西地区

紅葉中
飛鳥中
滝野川中

  • 滝野川西地区における中学校の数は2校とする。
  • 紅葉中と滝野川中は平成21年4月に統合し、統合新校は現在の紅葉中の位置に配置するとともに、飛鳥中は現在の位置に存置する。なお、紅葉中と滝野川中は各々の学区域を変更せずに統合する。
  • 平成21年4月の統合後は現在の紅葉中の位置に新校舎を建築するまでの間、現在の滝野川中の校舎を活用する。

滝野川南地区

田端中
新町中

  • 田端中と新町中は平成20年4月に統合し、当面現在の田端中の位置に配置する。
  • 統合中学校の配置については適切な時期に、小学校・中学校の位置の中から最適な場所を検討する。

各地区検討会の経過

統合推進委員会

この計画に基づき、順次、対象となる学校の関係者による「(仮称)統合推進委員会」を設置して、新しい学校名や標準服などを検討したり、学校間での交流活動を行うなど、適正配置の円滑な実施に向けた協議を行いました。

各統合推進委員会での検討経過は次のページをご覧ください。

(仮称)新校協議会

神谷中のページ

統合のルール

適正配置を進めるにあたって、統合のルールを定めています。

関連リンク

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:教育委員会事務局教育振興部学び未来課教育環境調整係

東京都北区滝野川2-52-10(旧滝野川中学校)北区役所滝野川分庁舎2階10番

電話番号:03-3908-9271