ここから本文です。

最終更新日:2021年6月25日

6月25日 生徒の様子

ART

r30625art

 1年生 道徳の授業

 1年生 道徳の授業は、偉大なる科学者 高峰譲吉の生き方について学びました。

 高峰譲吉博士物語 NPO法人 高峰譲吉博士研究所理事・事務局長の長谷部様のご厚意で今年も1年生全員分「高峰譲吉博士物語」をご寄贈いただきました。
今日の1年生の道徳の授業は、この「高峰譲吉博士物語」を読んで、高峰譲吉博士の偉業を知り、人間としての生き方を学びました。アドレナリンや消化酵素タカジャスターぜの発見・日本初の人造肥料会社(現在日産化学株式会社)を創設するなど現在でもつながっていることなど興味深く学習に取り組んでいました。
r30625takbook r30625taka1

r30625taka2 r30625taka3

 今日の授業

 1年 英語      1年 数学

r306251su r306251e

 3年 理科      2年 技術

r306253ri r306252su

3組 美術       3年 社会

r306253kb r306253sha

 今日の給食

 今日の給食は、鯖のカレー焼き・きんぴらごぼう・さつま汁・ご飯でした。おいしかったです。

r30625kyu r306253kukyu 

r3062531  r3062532

 r30625kyuho

お昼の放送 読書紹介「高峰譲吉博士物語」

読書紹介「高峰譲吉博士物語」
今日のお昼の放送で図書委員の月脚さんから、伊勢田さんのお薦めの本、「高峰譲吉博士物語」の紹介がありました。
 私がお薦めしたい本は、「高峰譲吉博士物語」です。高峰譲吉さんは、明治維新のころ活躍した優秀な科学者です。現在なら、ノーベル賞間違いなしと世界中の人が認めています。高峰譲吉さんは、タカジャスターぜとアドレナリンという2つ医薬品を世界の中の誰でもが利用可能なように百年以上前に開発しました。そして、高峰譲吉が進んだ道は才気にあふれ、常に好奇心を持ち、真面目にひたすら勉強しました。また、いつも誠実に謙虚な行動が、高峰譲吉さんや人々に役立つであろう化学物質を2つも彼にもたらしたのです。
私は、この本を読んで、高峰譲吉さんのように常に、好奇心を持ち行動をしたいと思いました。そして、何事にも真面目に取り組みたいです。この本は、自分の気持ちを少しでも変えたい人にお薦めの本です。ぜひ読んでください。(紹介者伊勢田さん)

 r30625hoso

 

Flower

r30625flowe

 

 

 

 

 

お問い合わせ

東京都北区立 堀船中学校

北区堀船2-23-20

電話番号:03-3911-8817

ページの先頭へ戻る