ここから本文です。

最終更新日:2017年3月6日

 【3・6年】食育・和食器から考える日本の文化

和食器メーカーの三信化工株式会社の方々をお招きし、2月15日(水)に3年生が、17日(金)には6年生が、和食器や和食から、日本の文化について学びました。

20170215_1  20170215_2

和食器の模様の意味や作法について、教えていただきました。

日本人が昔から大切にしてきたこと、今も大切にされているマナーの意味を知り、子どもたちからは

「だから、『いただきます』って言うんだ。」

「だから、お茶碗を左手で持つのか!」

と、つぶやきがたくさん聞かれました。

201170215_3   20170215_5

授業の後、給食を和室でいただきました。正座をして食事をする、ということにちょっぴり緊張気味の子どもたちでしたが、背筋をぴんとはってお行儀よく食べることができました。和食器に丁寧に盛りつけられた食事は、いつもの給食より食欲がかきたてられたようでした。

なんだか豪華な料亭でいただいているような気分にもなりましたね。

 日本人が大切にしてきた和食文化。大切にできる気持ちが育つといいなと思います。

お問い合わせ

東京都北区立 荒川小学校

北区中十条3-1-6

電話番号:03-3908-3949

ページの先頭へ戻る