ここから本文です。

最終更新日:2020年12月1日

夢・未来プロジェクト(12月1日)

 

12月1日(火)、車椅子ラグビーでパラリンピックに出場した三阪洋行(みさかひろゆき)さんを招いて講演をしていただきました。

20201201yume1

20201201yume2

 

まず車椅子ラグビーで、車椅子同士が当たるタックルを見ました。すごい音と衝撃で、会場にいるみんなが驚きました。パラリンピックの試合の雰囲気を少し味わうことができました。


三阪さんは、高校生の時に首を骨折して体が不自由になったそうです。それでも、自分ができることを探して出会ったのが車椅子ラグビーでした。車椅子ラグビーを通じて、仲間とも出会いました。

また、できないことがあった時もどうやったらそれができるようになるのだろう、と考えたそうです。その後たくさんの練習を重ね、リオデジャネイロパラリンピックではチームでメダルを獲得しました。夢をあきらめないことの大切さを伝えてくれました。

20201201yume3

お問い合わせ

東京都北区立 荒川小学校

北区中十条3-1-6

電話番号:03-3908-3949

ページの先頭へ戻る