ここから本文です。

最終更新日:2018年4月1日

教育方針・目標

学校教育目標

 人間尊重の精神を基調とし、地域社会の一員としての自覚のもと、心身ともに健康で、創造的な知性と感性に富み、主体的に生きる児童の育成

 ○ 自ら学ぶ子   ○ 心豊かな子   ○ たくましい子

めざす学校 「笑顔とあいさつのあふれる学校」

 笑  顔:充実感、満足感等児童の心の表出
 あいさつ:他人を意識し、大切に思う気持ちの端緒

 

本年度の取り組み目標と方策

 1 確かな学力に基づく自己教育力の育成
① 基礎的・基本的な学習内容の確実な定着のため指導法をNIEタイム工夫する。
②「主体的・対話的で深い学び」の実現に向けた授業改善を行い、質の高い学びを実現する。
③教材の工夫、問題解決型授業の展開の工夫を行い「見方・考え方」を働かせる授業を展開する。
④外国語活動、外国語科においては、聞くこと、読むこと、話すこと、書くことの言語活動を通してコミュニケーションを図る基礎となる資質、能力を育成する。
⑤日常的にNIE活動に取り組み、言語活動の充実を図るとともに思考力・判断力・表現力を育む。

2 規範意識と思いやりの心をもつ人間性豊かな児童の育成
①相手への優しさ、思いやりの気持ちを表現するために正し道徳授業地区公開講座い言葉遣いやあいさつを習慣づける。
②時間も含め、学校のきまりの理解を図り、進んで守るように指導する。
③児童がお互いの良さに気づき、認め合い学び合える学級の雰囲気をつくる。
④ 児童のもつ課題の共有に心がけ、組織的に解決するとともに未然防止・早期発見に努める。
⑤ 多様な異年齢グループを組織し、諸活動を通じて異学年交流を推進する。
⑥ 「特別の教科 道徳」のねらいを十分把握し、道徳的な判断力、心情、実践意欲と態度を育成する。

3 心身の健康・体力増進と安全指導の充実運動会
① 学級での活動を通して、児童の主体性や責任感、集団の一員としての喜びを自覚させる。
② 体力テスト等の結果をもとに体育の授業改善を行うとともに、多様な運動に取り組ませる。
③健康指導や食に関する指導は、担任、養護教諭、栄養士等で協力し指導を工夫していく。
④児童のもつ発達課題を的確にとらえ、特別支援教室を充実させ、個に応じた支援を行う。
⑤定期的に校舎内外の安全点検を行う。また、緊急時の児童の安全確保について計画を改善していく

4 地域に学び、地域の良さを発信する能力、態度の育成和楽器に親しむ
①様々な創立100周年記念事業を通して、自分の育つ地域・学校を愛する児童を育てる。
②地域の伝統文化の学習・体験を通じて、日本の伝統文化の良さを知り、発信する力を育てる。
③全学年各教科を通じて、オリンピック・パラリンピック教育を実施し、国際社会に生きる力を養う。1.基礎的・基本的な学習内容の確実な定着のため指導法を工夫する。

 

お問い合わせ

東京都北区立 王子第二小学校

北区王子本町2-2-5

電話番号:03-3908-2460

ページの先頭へ戻る