ご利用案内

開館時間
oshirase-3
※埋蔵文化財の届出等に関するお問合せ・受付
月曜日から金曜日 午前8時30分から午後5時
休館日
毎週月曜日
国民の祝日・休日の場合は開館し、直後の平日に振替休館
年末年始(12月28日~1月4日)
臨時休館日
観覧料
一般 300円(団体240円)
※障害者手帳をご提示いただいた場合は、一般券を半額でご利用になれます。(障害のある方お一人につき、介助者1名まで観覧料が免除になります。)
65歳以上 150円
小・中・高 100円(団体80円)
※小学生未満は無料
※団体扱いは20名以上

ぼいす

ダイレクトメール

ここから本文です。

掲載開始日:

最終更新日:2015年4月22日

3つのはくぶつかん

飛鳥山には北区飛鳥山博物館のほかに、紙(かみ)の博物館、渋沢史料館(しぶさわしりょうかん)があります。どちらも北区にとても関係(かんけい)のあることがらです。
あの建物(たてもの)は何?
北区にどんな関係があるの?
しぶさわえいいちは何をした人?
そんな疑問(ぎもん)の答(こた)えを見つけにいってみませんか?
クリックすると各館(かくかん)のページを見ることができます。

ページの先頭へ戻る

紙の博物館(外部サイトへリンク)

紙の博物館は、日本ではじめて洋紙(ようし)(外国(がいこく)からつたわった現在普段使(げんざいふだんつか)っている紙)が作られた北区王子にたてられました。世界中(せかいじゅう)の紙に関係(かんけい)のあるさまざまな資料(しりょう)を展示(てんじ)しています。
作ったり・遊んだり、楽しく体験(たいけん)して紙について学べる教室(きょうしつ)やコーナーもあります。

ページの先頭へ戻る

渋沢史料館(外部サイトへリンク)

渋沢史料館は、江戸時代(えどじだい)の終わりごろ生まれ、日本の発展(はってん)のためにいろいろな事をした渋沢栄一(しぶさわえいいち)に関係(かんけい)のある資料(しりょう)を展示(てんじ)しています。
旧渋沢庭園(きゅうしぶさわていえん)に当時(とうじ)のままのすがたでのこっている建物(たてもの)や美しい庭(にわ)を見ることができます。

関係のあるページ

3館共通券(3かんきょうつうけん)