ホーム > 文化・観光・スポーツ > 北区飛鳥山博物館 > 史跡 中里貝塚保存活用計画(案)

ここから本文です。

掲載開始日:2018年6月21日

最終更新日:2020年3月20日

史跡 中里貝塚保存活用計画(案)

史跡 中里貝塚保存活用計画とは

国指定史跡「中里貝塚」の保存活用の考え方を明確化し、必要な諸手続などを整理して、将来へ確実な継承を図るために作成する計画です。

中里貝塚は、史跡指定から20年近くが経過しますが、現在、史跡指定地は「中里貝塚史跡広場」の暫定的な整備にとどまっており、十分な整備活用が図られていない状態です。そこで中里貝塚の価値を高め、適切に保存・継承し、史跡を活かしたまちづくりを推進していくため、保存活用計画を策定することといたしました。

中里貝塚

中里貝塚は縄文時代中期から後期初頭にかけての時期に、当時の海岸線に形成された日本最大級の貝塚です。

平成8年(1996)に本格的な発掘調査が行われ、最大厚4.5mもの貝層や貝処理施設が見つかり、縄文時代の水産加工場であることがわかりました。平成12年(2000)には縄文時代の生産や社会的分業、社会の仕組みを考えるうえで重要な遺跡であるとして、国史跡に指定されています。

中里貝塚 累々と積みあがった貝殻 中里貝塚史跡広場

成人男性の背丈をはるかに超える貝層            中里貝塚史跡広場

パブリックコメントの結果がまとまりました

広く区民の皆さまのご意見を伺うため、「史跡 中里貝塚保存活用計画(案)」のパブリックコメントを実施しました。皆さまから頂戴いたしましたご意見は十分に検討し、計画策定の参考とさせていただきます。

パブリックコメントの実施結果

意見募集期間

令和元年12月10日(火曜日)から令和2年1月15日(水曜日)まで

意見提出者数

2名(内訳:持参1名、ホームページ1名)

意見総数

3件 ※類似の意見はまとめさせていただきました。

実施結果の閲覧場所

  • 北区飛鳥山博物館(飛鳥山公園内)
  • 区政資料室(区役所第一庁舎1階)
  • 地域振興室
  • 区立図書館
  • 北区ホームページ

実施結果の閲覧期間

令和2年3月20日(祝日)から令和2年5月20日(水曜日)まで

※北区飛鳥山博物館および区立図書館は、コロナウィルスの感染拡大防止のため、3月6日(金曜日)から3月31日(火曜日)までは臨時休館をしており、御覧いただくことはできません。

 添付ファイル

史跡 中里貝塚保存活用計画(案)(PDF:3,981KB)

史跡 中里貝塚保存活用計画(案)のパブリックコメントの実施結果について(PDF:122KB)

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:教育委員会事務局教育振興部飛鳥山博物館

電話番号:03-3916-1133