ホーム > 文化・観光・スポーツ > 北区飛鳥山博物館 > 展示・催し物 > 催し物のご案内(平成28年10月~12月)

ここから本文です。

掲載開始日:2016年9月20日

最終更新日:2016年9月17日

催し物のご案内(平成28年10月~12月)

展示

秋期企画展  日本・ベルギー友好150周年  近代工業化のルーツ・滝野川反射炉展-まなぶ・つくる・うけいれる-

江戸時代末期、幕府は滝野川に反射炉ならびに大砲製造所、火薬製造所の建設を計画し、西欧の技術を積極的に学び、先進技術の国産化を急ぎました。やがてその試みは明治以降、地域の近代化・工業化の礎となりました。滝野川の工業立地化は、そこに住む人々の生活にも大きな影響を与えました。本展では、地域史料で明らかになった滝野川反射炉築造の歴史を中心に、日本の近代化のルーツとしての意義をご紹介します。

会期:平成28年10月25日(火曜日)~12月11日(日曜日)

会期中の休館日:毎週月曜日

観覧無料

企画展関連イベント

1 セミナー

日時:11月5日(土曜日)午後1時30分~2時15分

会場:講堂・特別展示室

内容:「滝野川反射炉と火薬製造所の立地特性」梶原利夫 氏(産業考古学会会員)

定員:30名(抽選)

費用:無料

申込:往復はがき10月25日(火曜日)必着

2 記念講演会

日時:12月3日(土曜日)午後1時30分~3時10分

会場:講堂

内容:「近代産業技術移転と反射炉」鈴木一義 氏(国立科学博物館)

     「西洋兵学受容と大砲製造」小西雅徳 氏(法政大学講師)

定員:80名(抽選)

費用:無料

申込:往復はがき11月18日(金曜日)必着

3 レクチャー

日時:12月4日(日曜日)午後1時30分~3時10分

会場:講堂

内容:「幕末期 地域史からみた滝野川地域の工業化」保垣孝幸氏(東京学芸大学講師)

   「明治初年地域史からみた滝野川地域の工業化」黒川徳男 氏(國學院大學講師)

定員:80名(抽選)

費用:無料

申込:往復はがき11月18日(金曜日)必着

【お申込み方法】

往復はがきの往信面の裏(白い面)に「講座名、氏名(フリガナも記入)、住所、性別、年齢、電話番号」を記入し、返信宛名面に参加者本人の住所、氏名を記入して、北区飛鳥山博物館(〒114-0002 北区王子1-1-3)にお送りください。

  • 1枚のはがきで、1名様のお申込みとなります。
  • 1枚のはがきで、複数の講座のお申込みはできません。
  • 催し物は、都合により予定が変更になる場合があります。

テーマ展示「桐ケ丘遺跡の旧石器」

平成25年(2013)1月~10月、赤羽北3丁目16番地(旧桐ケ丘北小学校跡地)において、東京都埋蔵文化財センターによる発掘調査が実施されました。ここでは、旧石器時代の石器群が重層的に検出され、石器1,935点、礫3,485点が出土し、北区内では数少ない本格的な旧石器時代の調査となりました。今回は、この出土資料のうちの一部を、常設展示室内に展示します。ぜひこの機会に、常設展示室へお越しください。

会期:5月17日(火曜日)~10月16日(日曜日)

時間:午前10時~午後5時(ただし観覧券の発行は午後4時30分まで)

会期中の休館日:10月11日(火曜日)

会場:常設展示室

観覧料:常設展示観覧料 一般300円、65歳以上150円、小中高生100円

    ※「ぐるっとパス」「ちかとく」等もご利用になれます。

ミニ展示 あすかやま十二支-酉-

明年の干支にちなんだ収蔵資料を1点展示し、新たな年を寿ぎます。

会期:12月13日(火曜日)~平成29年1月31日(火曜日)

時間:午前10時~午後5時(ただし観覧券の発行は午後4時30分まで)

会期中の休館日:毎週月曜日、12月28日(水曜日)~1月4日(水曜日)

会場:エントランス

観覧料:無料

イベント

 GO!ゴー!ミュージアム2016

飛鳥山3つの博物館は10月1日(土曜日)・2日(日曜日)の2日間、「ふるさと北区区民まつり」に参加します。両日は各館の入館・観覧が無料になります。

勾玉ストラップをつくろう!

ミニでかわいい勾玉を古代人と同じように石を研いで作ります。
日時:10月1日(土曜日)・2日(日曜日)午後1時~4時
   ※受付は午後3時40分終了予定。ただし材料がなくなり次第、終了となります。
会場:体験学習室
定員:両日とも100名(当日先着順)
費用:100円(材料費)
申込:不要(直接会場にお越しください。)

講座

お申込み方法

【往復はがきでお申し込みの場合】

往復はがきの往信面の裏(白い面)に「講座名、氏名(フリガナも記入)、住所、性別、年齢、電話番号」を記入し、返信宛名面に参加者本人の住所、氏名を記入して、北区飛鳥山博物館(〒114-0002 北区王子1-1-3)にお送りください。

  • 1枚のはがきで、1名様のお申込みとなります。
  • 1枚のはがきで、複数の講座のお申込みはできません。

【電子申請でお申込みの場合(一部講座のみ)】

インターネットで「東京電子自治体」と入力して検索し、「東京電子自治体共同運営サービス」から「電子申請サービス」を選び、利用者IDを取得して、お申込みください。

野外講座 東京9区文化財古民家めぐり「旧松澤家住宅解説会」

北区指定有形文化財(建造物)旧松澤家住宅の解説会を行います。普段公開していない屋根裏のご案内もします。

日時:10月10日(月曜日・祝日)午前10時30分~、午後1時30分~

   ※各回1時間程度で、2回とも同一内容です。

会場:北区ふるさと農家体験館[北区赤羽西5-2-34赤羽自然観察公園内]

講師:北区飛鳥山博物館学芸員ほか

定員:30名(当日先着順)

費用:無料

申込:不要(直接会場にお越しください。)

座学講座 サロン講座北区モノ語り「石材からたどる古墳時代の北区」

横穴式石室に使われた石材から、1300年前の北区をとりまく社会状況を探ります。

日時:10月15日(土曜日)午後2時~3時

講師:安武由利子(学芸員)

定員:20名(抽選)

費用:一般300円、65歳以上150円、小中高生100円(常設展示観覧料)

   ※「ぐるっとパス」「ちかとく」等もご利用になれます。

   ※65歳以上の方は、年齢を確認できるものをご提示ください。

申込:往復はがき 10月5日(水曜日)必着

野外講座 北区文化財めぐり(王子・西ケ原編)

王子神社から旧古河庭園まで国・都・区指定の文化財を中心に、学芸員が解説しながらめぐります。

■博物館集合・現地解散

日時:10月16日(日曜日)午前10時~午後4時(予定)

集合:講堂

講師:山口隆太郎・田中葉子(学芸員)

定員:30名(抽選)

費用:750円程度(北区飛鳥山博物館常設展示観覧料・渋沢史料館入館料・旧古河庭園入園料)

   ※交通費・昼食代は各自負担。

申込:往復はがき 10月4日(火曜日)必着

座学講座 江戸庶民のよみもの-ご当地編-

江戸の庶民が好んで読んだ本の中から、王子が登場する戯作を取り上げます。

日時:10月23日(日曜日)午後2時~4時

会場:講堂

講師:増田由貴(学芸員)

定員:80名(抽選)

費用:無料

申込:往復はがき 10月12日(水曜日)必着

野外講座 晩秋の日光御成道を歩き歴史を訪ねる

本郷追分から岩淵本宿付近まで約2里強歩き、里程を実感するとともに沿道の史跡や街並みを観察します(健脚向き)。

■現地集合・現地解散。

日時:10月29日(土曜日)午後1時~5時(予定)

集合:東京大学農学部正門前(文京区弥生1丁目)

講師:中野守久(学芸員)

定員:30名(抽選)

費用:無料 ※交通費は各自負担。

申込:往復はがき 10月19日(水曜日)必着

野外講座 考古楽講座「遺跡へ行こう!秋-壁画古墳と横穴墓-」

特別公開されるひたちなか市虎塚古墳の壁画とその周辺の横穴墓などを見学します。

■見学日は、現地集合・現地解散。

日時:[事前講義]10月30日(日曜日)午後2時~4時
     [現地見学]11月6日(日曜日)午前10時~午後4時(予定)
会場:[事前講義]講堂  [現地見学]茨城県ひたちなか市内
講師:鈴木直人(学芸員)
定員:30名(抽選)
費用:150円(壁画見学料)※交通費・昼食代は各自負担。
申込:往復はがき 10月14日(金曜日)必着

座学講座 文化財講演会「子は宝-地域にみる子育ての民俗学-」

北区における産育儀礼の事例も紹介しながら、暮らしの中にみられる、さまざまな「いのち」や「しあわせ」への願いを読み解きます。

日時:11月3日(木曜日・祝日)午後2時~4時

会場:講堂

講師:佐野賢治氏(神奈川大学教授)

定員:80名(抽選)

費用:無料

申込:往復はがき 10月21日(金曜日)必着

体験講座 あすかやまのどんぐりで「でんでんだいこ」づくり

自然観察をしながら飛鳥山公園でひろったどんぐりを使って、当館オリジナルキャラクター・コン吉の形をしたでんでんだいこを作ります。

対象:北区内在住、または在園の幼児(平成22年4月2日~平成24年4月1日生まれ)2名までと保護者1名[2~3名1組]

日時:11月13日(日曜日)午後1時30分~3時30分

会場:体験学習室・飛鳥山公園

講師:安武由利子(学芸員)

定員:10組(抽選)

費用:子ども1人あたり200円(材料費等)

申込:往復はがきまたは電子申請(お子さんの生年月日も記入) 11月4日(金曜日)午後3時必着

座学講座 川柳で読みとく江戸散歩

江戸時代の川柳をテキストに、当時のくらしについてお話しします。

日時:11月19日(土曜日)午後1時30分~3時

会場:講堂

講師:谷田有史 氏(たばこと塩の博物館学芸員)

定員:80名(抽選)

費用:無料

申込:往復はがき 11月4日(金曜日)必着

座学講座 サロン講座北区モノ語り「王子といえば…稲荷と狐」

稲荷と狐に彩られた王子の地域性について、浮世絵や版本などを通してお話しします。

日時:11月20日(日)午後2時~3時

講師:久保埜企美子(学芸員)

定員:20名(抽選)

費用:一般300円、65歳以上150円、小中高生100円(常設展示観覧料)

   ※「ぐるっとパス」「ちかとく」等もご利用になれます。

   ※65歳以上の方は、年齢を確認できるものをご提示ください。

申込:往復はがき 11月8日(火曜日)必着

野外講座 文化財公開事業「稲付の餅搗き唄」の実演と体験

北区指定文化財の古民家で、北区指定無形民俗文化財「稲付の餅搗唄(もちつきうた)」を、実際に餅を搗きながら実演します。

日時:11月26日(土曜日)午前10時30分~正午(予定)

会場:北区ふるさと農家体験館[北区赤羽西5-2-34 赤羽自然観察公園内]

費用:無料

申込:不要(直接会場にお越しください。)

座学講座 江戸庶民のよみもの-狐編-

江戸の庶民が好んで読んだ本の中から、狐が登場する戯作を取り上げます。

日時:11月27日(日曜日)午後2時~4時

会場:講堂

講師:増田由貴(学芸員)

定員:80名(抽選)

費用:無料

申込:往復はがき 11月16日(水曜日)必着

野外講座 北区遺跡学講座2016秋「田端西台通遺跡」

北区内の1遺跡に注目して詳しく解説するシリーズ講座の第6回。博物館内で座学を行ったのちに、現地を見学します。

■博物館集合・現地解散。

日時:12月10日(土曜日)午後1時~4時(予定)

会場:[事前講義]講堂 [現地見学]北区田端5・6丁目

講師:牛山英昭(学芸員)

定員:30名(抽選)

費用:無料 ※交通費は各自負担。

申込:往復はがき 11月30日(水曜日)必着

座学講座 サロン講座北区モノ語り「キカイを動かせ!」

明治時代、北区には多くの近代工場が作られます。水力から汽力・電力へと変わる工場の動力源にまつわるお話をします。

日時:12月17日(土曜日)午後2時~3時

講師:山口隆太郎(学芸員)

定員:20名(抽選)

費用:一般300円、65歳以上150円、小中高生100円(常設展示観覧料)

   ※「ぐるっとパス」「ちかとく」等もご利用になれます。

   ※65歳以上の方は、年齢を確認できるものをご提示ください。

申込:往復はがき 12月9日(金曜日)必着

座学講座 第29回新聞から読む考古学-2016年下半期を振り返る-

新聞をにぎわす考古学の記事の中から、これは!と思う記事をピックアップし、解説します。
日時:12月25日(日曜日)午後2時~4時
会場:講堂
講師:鈴木直人(学芸員)
定員:80名(抽選)
費用:無料
申込:往復はがきまたは電子申請 12月14日(水曜日)午後4時必着

お問い合わせ

所属課室:教育委員会事務局教育振興部飛鳥山博物館

電話番号:03-3916-1133