ご利用案内

開館時間
10時~17時(16時30分まで受付)
※埋蔵文化財の届出等に関するお問合せ・受付
月曜日から金曜日 午前8時30分から午後5時
休館日
毎週月曜日
国民の祝日・休日の場合は開館し、直後の平日に振替休館
年末年始(12月28日~1月4日)
臨時休館日
観覧料
一般 300円(団体240円)
65歳以上 150円
小・中・高 100円(団体80円)
※小学生未満は無料
※団体扱いは20名以上

ぼいす

ダイレクトメール

ここから本文です。

掲載開始日:

最終更新日:2015年4月23日

瀧野川村芦川家文書

瀧野川村芦川家文書

東京都北区指定有形文化財(古文書)
平成5年1月12日指定

芦川家文書は、旧武蔵国豊嶋郡瀧野川村芦川家に伝存した文書群で、寛永2年(1625)付の知行宛行状写から昭和に至る120点の文書から構成されています。
芦川家は文政2年(1819)から瀧野川村に居住し、旗本野間家の家臣として村内の知行地を支配する一方、元治元年(1864)から明治2年(1869)にかけては名主も兼帯していました。文書群には文政期以降の滝野川村内の支配形態や年貢収納状況を示す文書、大砲製造所建設を目的として江戸末期から始められた千川上水路の拡張工事および瀧野川反射炉・錘台用水車建設に関する文書も含まれています。
これらは、当時の瀧野川村内の様子や、幕末期における幕府の軍事政策およびその影響を受けた地域住民との関係を理解する上で貴重な資料であるとして平成5年に北区指定有形文化財(古文書)に指定されました。

所有・問合せ先

個人所有
※詳細は北区立中央図書館(TEL:5993-1125)にお問合せください。