• ホーム
  • 利用案内
  • 展示・催し物
  • ミュージアムショップ

北区飛鳥山博物館 > 北区浮世絵ギャラリー > 【飛鳥山】古今東京名所 飛鳥山公園地王子製紙会社

ご利用案内

開館時間
10時~17時(16時30分まで受付)
※埋蔵文化財の届出等に関するお問合せ・受付
月曜日から金曜日 午前8時30分から午後5時
休館日
毎週月曜日
国民の祝日・休日の場合は開館し、直後の平日に振替休館
年末年始(12月28日~1月4日)
臨時休館日
観覧料
一般 300円(団体240円)
※障害者手帳をご提示いただいた場合は、一般券を半額でご利用になれます。(障害のある方お一人につき、介助者1名まで観覧料が免除になります。)
65歳以上 150円
小・中・高 100円(団体80円)
※小学生未満は無料
※団体扱いは20名以上

ぼいす

ダイレクトメール

ここから本文です。

最終更新日:2016年2月16日

【飛鳥山】古今東京名所 飛鳥山公園地王子製紙会社

古今東京名所 飛鳥山公園地王子製紙会社

中判横 歌川広重(三代) 明治16年(1883)

 本来この作品は江戸時代の様子を描いたものと対になっており、江戸時代の作品では人々が同じ飛鳥山の崖上から「かわらけ投げ」(土製の小皿を投げる遊び)を楽しむ様子が描かれています。
 一方、明治時代の風俗を描く本作品では、洋装の紳士やコウモリ傘をさす男性が崖下の製紙工場を眺め見る情景が描かれています。文明開化の時代には、煙突から煙を吐き出す煉瓦の工場が名所になっていました。

飛鳥山上からの眺望

 明治16年、飛鳥山の崖下に上野~熊谷間の鉄道が開通したため、「かわらけ投げ」は中止せざるを得なくなりました。

 現在、児童遊園の崖際から飛鳥山の東側(低地側)を望むと、明治時代の人が眺めた煉瓦の工場にかわって、新幹線の高架線とタワーマンションのある景色が広がっています。

お問い合わせ

所属課室:教育委員会事務局教育振興部飛鳥山博物館管理運営係

東京都北区王子1-1-3 飛鳥山公園内

電話番号:03-3916-1133

※無断で複製、転載することを禁じます。