ホーム > 健康・医療・福祉 > 感染症対策 > 新型コロナウイルス感染症について > 新型コロナウイルス感染症に関する「帰国者・接触者電話相談センター」を設置しました

ここから本文です。

掲載開始日:2020年1月22日

最終更新日:2020年2月28日

【2/28更新】新型コロナウイルス感染症に関する「帰国者・接触者電話相談センター」を設置しました

・新型コロナウイルス感染症に感染した疑いのある方からの相談に対応するため、東京都と特別区、八王子市、および町田市と合同で

「帰国者・接触者電話相談センター」を設置いたしました。

・電話相談センターでは、風邪の症状や37.5℃以上の発熱が4日以上続いている(解熱剤を飲み続けなければならないときを含みます)

 または、強いだるさ(倦怠感)や息苦しさ(呼吸困難)がある方からの電話相談を受け付けます。

 ※高齢者や基礎疾患等のある方は、上記の症状が2日程度続く場合

北区「帰国者・接触者電話相談センター」

電話番号 03-3919-3104

       03-3919-4500  2月17日(月)より変更しました。

受付時間 平日の午前9時から午後5時まで

 

上記以外の時間は下記にお問い合わせください。

 

東京都・特別区・八王子市・町田市合同「帰国者・接触者電話相談センター」

電話番号 03-5320-4592

受付時間 平日の午後5時から翌日午前9時まで、土日祝日は終日(24時間)

 

聴覚に障害のある方をはじめ、電話での御相談が難しい方は、こちらをご利用ください。

・厚生労働省相談窓口 FAX :03-3595-2756

・東京都相談窓口   FAX :03-5388-1396(2月28日(金)午前9時から)

・一般財団法人全日本ろうあ連盟ホームページ(外部サイトへリンク)

(参考)コロナウイルスについて

人や動物の間で広く感染症を引き起こすウイルスです。人に感染症を引き起こすものはこれまで6種類が知られていますが、深刻な呼吸器疾患を引き起こすことがあるSARS-CoV(重症急性呼吸器症候群コロナウイルス)とMERS-CoV(中東呼吸器症候群コロナウイルス)以外は、感染しても通常の風邪などの重度でない症状にとどまるとされています。

北区保健所では、東京都や区内の医療機関と連携し、感染の疑いがある人に対しての対応と注意喚起を行ってまいります。

区民の皆さまにおかれましては、下記の対策のポイントを実施し、冷静な対応をお願い申し上げます。

対策のポイント

○流水と石鹸による手洗いを頻回に行いましょう。特に外出した後や咳をした後、口や鼻、目等に触る前には手洗いを徹底しましょう。

○咳をする場合は、口や鼻をティッシュで覆う等の咳エチケットを守り、周りの人たちへの感染を予防するため、サージカルマスクを着用し、人が多く集まる場所は避けましょう。

 

新型コロナウイルス感染症に関する一般相談窓口

厚生労働省:新型コロナウイルスに係る厚生労働省電話相談窓口(コールセンター)(外部サイトへリンク)

○厚生労働省の電話相談窓口 電話番号 0120-565653(フリーダイヤル)

受付時間 午前9時から午後9時まで(土、日、祝日を含む) 

東京都:新型コロナウイルス関連肺炎に関する電話相談窓口(コールセンター)(外部サイトへリンク)

○東京都の電話相談窓口 電話番号 0570-550571(ナビダイヤル)

            (2月28日から変更となりました。)

○受付時間 午前9時から午後9時まで(土、日、祝日を含む)

東京都及び国からの最新情報

新型コロナウイルス感染症について(外部サイトへリンク)

 

お問い合わせ

所属課室:北区保健所保健予防課保健予防係

東京都北区東十条2-7-3

電話番号:03-3919-3104