ホーム > 健康・医療・福祉 > 感染症対策 > 新型コロナウイルス感染症 > 新型コロナウイルス感染症と診断された方・濃厚接触者の方へ

ここから本文です。

掲載開始日:2021年5月12日

最終更新日:2021年5月11日

新型コロナウイルス感染症と診断された方・濃厚接触者の方

「新型コロナウイルス感染症」と診断された方へ

 保健所では、医療機関より新型コロナウイルス感染症の発生届を受理後、感染症法第15条に基づき、

ご本人へ連絡し、下記の点について確認や聞き取り調査を行います。

 1.体調の確認 

 2.療養についてのご案内 

 3.聞き取り調査(感染拡大防止ほか)

 

保健所からの電話について

 ・感染拡大防止のため、連絡手段は原則として電話で行いますので、必ず電話に出ていただきますよう

  お願いいたします。

 ・医療機関からの届け出に記載された電話番号に電話いたしますので、電話番号に変更や誤りがある

  場合は、速やかに医療機関に正しい電話番号をご連絡ください。

 ・連絡がとれない場合は、安否確認のため訪問することがあります。

 

療養先について

 ・症状の経過や持病、同居者の状況などを確認し、保健所が療養先を決定いたします。

 ご本人の安全と感染拡大防止の観点から、原則は病院・ホテルでの療養をしていただきます。

 入院の場合は、東京都または北区保健所にて調整いたします。ホテル療養の場合は、東京都で

  一括して調整を行います。

 ・入院された場合、入院費用は医療費公費負担制度をご利用いただけます。

  ※迅速な医療費助成のため、 申請書の作成を保健所が代行申請しております。代行申請を希望しない

   場合は、担当にお申し出ください。なお、入院中に利用したパジャマ等のレンタル料や売店で購入

   した物品の費用は公費負担の対象外となります(自己負担)。

 ・ホテル療養における費用負担はありません。

  ※ホテル療養の詳細については、下記の東京都ホームページをご覧ください。

   東京都福祉保健局 『新型コロナウイルス感染症の軽症者等に係る宿泊療養について』

   URL:https://www.fukushihoken.metro.tokyo.lg.jp/iryo/kansen/syukuhaku.html

 

 入院・ホテル入所までの自宅待機中および、自宅療養中の過ごし方

 ・1日2回(朝夕)検温して、体調を注意深く観察してください。

 ・同居者や周囲の人への感染拡大防止の対応を行ってください。

  ※療養解除になるまで、外出や人(同居者を含む)との接触を避けてください。

  ※陽性になった方専用の個室を用意し、そこで過ごすようにしてください。やむを得ず、

   トイレや浴室を同居者と共用する場合は、使用後に適切な消毒を行ってください。

  ※家庭内隔離の方法については、下記のファイルを参考にしてください。

 

保健所からの健康観察について

 ・入院やホテル療養待機中で自宅にいる方や、やむを得ず自宅療養となった方には、保健所から健康

  観察の電話連絡を毎日いたしますので、必ず電話に出ていただくようお願いします。

  ※連絡が取れない場合、安否確認のため訪問することがあります。

  

退院基準・療養解除基準について

 ●症状のある方

  発症日から10日間経過し、かつ、症状軽快後72時間経過した場合が退院・療養解除の目安です。

 ●症状の出たことのない方

  検体採取日(検査日)から10日間経過した時点で退院・療養解除となります。

 

 ※療養解除は、療養中の状況により、保健所(ホテル療養中はホテル療養担当者、入院中は主治医)が

  判断します。

 ※健康観察で新型コロナウイルス感染症の症状が持続し、療養解除基準を満たさないと判断された場合

  には退院・療養期間が延長になることがあります。

 ※退院・療養解除基準の考え方につきましては、下記のファイルを参考にしてください。 

  退院基準・解除基準の改定(出典:厚生労働省ホームページ)(PDF:310KB)

 

保健所への連絡先と体調悪化時について

 ●平日(月曜から金曜)9:00から17:00

  北区保健所 新型コロナ健康相談センター 03-3919-4500

 ●土曜・日曜・祝休日および、平日(月曜から金曜)の17:00から翌朝9:00の夜間帯

  東京都発熱相談センター 03-5320-4592

 ●緊急時 例)息苦しい、強い倦怠感(だるさ)、高熱等で動けない

  救急車(119番)を呼び、新型コロナウイルス感染症陽性であることを救急隊に伝えてください。

 

 

 濃厚接触者の方へ 

保健所からの電話について

 濃厚接触者の方には、保健所から必要なご案内のため電話連絡をいたします。

 ※新型コロナウイルス感染症患者の発生状況によっては、電話連絡が即日できない場合があります。

 

新型コロナ外来の受診について

 ・濃厚接触者の方には、医師の診察とPCR検査などを行う、新型コロナ外来を北区保健所が予約いたし

  ます。外来の受け入れ状況や開設状況により、翌日以降になる場合があります。

 ・病院(または保健所)から医療機関名、受診時間についてご連絡いたしますので、連絡があるまで

  ご自宅待機ください。

 ・受診の際は、公共交通機関(タクシー含む)の利用は控えていただきます。徒歩・自転車・自家用車

  での移動になりますので、できるだけ、ご自宅から近い医療機関をご案内いたします。

 

健康観察期間について

 ・陽性と診断された方との最終接触日翌日から起算して14日間(潜伏期間)が健康観察期間です。

  例)最終接触日 4月1日 ⇒ 健康観察期間 4月15日まで

  ※陽性者が入院(またはホテル入所)待ち等で自宅待機をしている場合、家庭内隔離が難しい

   場合は、入院日(またはホテル入所日)が最終接触日となります。

  ※陽性者が自宅療養中の場合、自宅療養中の家庭内隔離が難しい場合は、陽性者の療養解除日が

   最終接触日となります。

 ・PCR検査結果が陰性であっても健康観察期間終了日は変わりません。(PCR検査の精度は約70%

  のため陽性でも陰性判定になる場合があるため、潜伏期間終了までは観察が必要です)

健康観察期間の生活上の注意事項

 ・1日2回(朝夕)に毎日検温し、体調を注意深く観察してください。

 ・健康観察期間中は"感染しているかもしれない期間"です。感染拡大防止のため、外出を自粛し、

  人との接触を極力避けていただくようお願いいたします。

  ※保育園や幼稚園への登園、学校への登校、会社やアルバイト・パート先への出勤は控えて

   ください。その他、塾や習い事、私的な会合も控えてください。

  ※やむを得ず外出する場合(食糧等の生活必需品の購入等)は、必ずマスクを着用し、混んでいない

   時間帯に、公共交通機関を利用せず、短時間で済ませるようにお願いいたします。

 

保健所からの健康観察について

 ・健康観察期間は、保健所から健康観察(体調確認)を行います。

  ①電話で行う場合:最終日に保健所から体調確認を行います。

           (症状や持病等により、頻度は変更になります)

  ②システム(HER-SYS)上で行う場合:毎日体調の報告(入力)をお願いいたします。

  ※入力がない場合は、電話連絡し、体調を確認いたします。また、連絡がつかない場合は、

   安否確認のため、訪問することがあります。

 ・健康観察方法にかかわらず、体調が悪くなってきた場合は、早めにご連絡ください。

 

 保健所への連絡先と体調悪化時について

 ●平日(月曜から金曜)9:00から17:00

  北区保健所 新型コロナ健康相談センター  03-3919-4500

 ●土曜・日曜・祝休日および、平日(月曜から金曜)の17:00から翌朝9:00の夜間帯

  東京都発熱相談センター 03-5320-4592

 ●緊急時 例)息苦しい、強い倦怠感(だるさ)、高熱等で動けない

   救急車(119番)を呼び、新型コロナウイルス感染症の濃厚接触者であることを救急隊に伝えて

  ください

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:北区保健所保健予防課結核感染症係

東京都北区東十条2-7-3

電話番号:03-3919-3102