ホーム > 健康・医療・福祉 > 感染症対策 > 感染性胃腸炎 > 感染性胃腸炎の流行にご注意を

ここから本文です。

掲載開始日:2014年12月17日

最終更新日:2018年12月6日

感染性胃腸炎の流行にご注意を

例年、冬場にかけて、区内の保育所や幼稚園、高齢者施設などで「感染性胃腸炎」による集団感染が多く発生しています。

家庭、施設、飲食店などにおいては、感染症の予防対策に万全を期してください。

最新の発生状況の詳細は感染性胃腸炎の流行状況(東京都)(外部サイトへリンク)をご覧ください。

予防対策

  • トイレの後や、調理・食事の前には、石けんと流水で十分に手を洗いましょう。
  • 人が多く集まる場所から帰ってきた時には、うがい、手洗いを心がけましょう。
  • 便やおう吐物を処理する時は、使い捨て手袋、マスク、エプロンを着用し、処理後は石けんと流水で十分に手を洗いましょう。
  • カキなどの二枚貝を調理するときは、中心部まで十分に加熱しましょう。
  • 十分な休養とバランスのとれた栄養摂取を心がけ、抵抗力を高めましょう。

予防対策の詳細については東京都ホームページ「感染性胃腸炎(ウイルス性胃腸炎を中心に)」(外部サイトへリンク)をご覧ください。

お問い合わせ

所属課室:北区保健所保健予防課結核感染症係

東京都北区東十条2-7-3

電話番号:03-3919-3102