ここから本文です。

掲載開始日:2015年7月22日

最終更新日:2019年10月1日

保育料軽減について(令和元年9月まで)

多子世帯や要保護世帯等、以下(1)~(4)に該当する世帯は、保育料を軽減します。

(1)~(3)について複数該当する場合は、より保育料が軽減されるものを適用します。

各世帯の該当可否について、電話等で回答することはできません

必要書類については、有効期間内のものまたは発行から3カ月以内のものを通園している保育園へご提出ください。

対象となる世帯

(1)小学校就学前の範囲内で対象施設に2人以上在籍している世帯

小学校就学前の範囲内で対象施設に2人以上在籍している場合、保育料が第2子は第2子料金、第3子以降は無料になります。

第2子料金については、保育料・延長保育料基準額表をご覧ください。

※小学生以上や、対象施設以外(認可外保育所等)に在籍している子どもは対象外

対象施設

認可保育園、認定こども園、地域型保育給付対象施設、幼稚園、特別支援学校の幼稚部、情緒障害児短期治療施設、児童発達支援、医療型児童発達支援

必要書類

在籍している施設が、認可保育園、認定こども園、地域型保育給付対象施設の場合、ご提出いただく書類はありません。その他の施設に在籍している場合は、下記の書類をご提出ください。軽減により生じた過払い分は、充当または還付させていただきます。

  • 変更届(PDF:54KB)
  • 在籍証明書
  • 戸籍謄本の写し(上記施設に在籍している児童の住民票が北区外の場合は必要)

 

(2)世帯の区民税所得割合算額が57,700円未満の世帯

生計を一にする子どもの年齢に関わらず、保育料が第2子は半額、第3子以降は無料になります。

※小学生以上の子どもも対象

必要書類

  • 変更届(PDF:54KB)
  • 別居の子どもと生計を一にしていることがわかる健康保険証の写し等※別居の子どもがいる場合のみ

        (例)ひとり暮らしをしている児童の兄(大学生)と生計を一にしている場合

 

(3)世帯の区民税所得割合算額が77,101円未満の要保護世帯

生計を一にする子どもの年齢に関わらず、保育料が第1子で3歳以上児は27%、3歳未満児は36%、第2子以降は無料になります。

keigen

※28年度は第1子は歳児に関わらず半額

※小学生以上の子どもも対象

要保護世帯

ひとり親世帯、同一世帯内に身体障害者手帳・愛の手帳・精神障害者保健福祉手帳の交付を受けた方がいる世帯、特別児童扶養手当の支給対象児童がいる世帯、国民年金の障害基礎年金の受給者がいる世帯

必要書類

  • 変更届(PDF:54KB)
  • 要保護世帯であることがわかるもの(戸籍謄本や障害者手帳の写し等)
  • 別居の子どもと生計を一にしていることがわかる健康保険証の写し等※別居の子どもがいる場合のみ

        (例)ひとり暮らしをしている児童の兄(大学生)と生計を一にしている場合

 

(4)保護者が婚姻歴のない父または母のみである世帯

未婚のひとり親家庭を寡婦(夫)世帯として、区民税所得割額に寡婦(夫)控除をみなし適用します。なお、所得により軽減の対象とならない場合があります

必要書類

関連リンク

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:教育委員会事務局子ども未来部保育課入園相談係

東京都北区王子本町1-15-22北区役所第一庁舎2階1番

電話番号:03-3908-9129