ホーム > 子育て・教育 > 手当・助成 > ひとり親家庭等医療費助成制度 > ひとり親家庭等医療費助成制度(助成内容)

ここから本文です。

掲載開始日:2010年1月22日

最終更新日:2019年8月1日

ひとり親家庭等医療費助成制度(助成内容)

助成できるもの

病院や薬局等で健康保険の適用される診療や投薬を受ける際に、自己負担する金額。

病院・診療所等における医療費助成自己負担金額表

世帯区分

区分

自己負担割合、
1カ月の自己負担限度額

課税世帯

外来(通院)

定率1割
18,000円

(8月を起算月として)年間上限144,000円

課税世帯

入院

定率1割
57,600円※1

(多数回該当44,400円※2)

非課税世帯

外来(通院)

自己負担金なし

非課税世帯

入院

自己負担金なし※1

※1 入院でかかる食事療養標準負担額・生活療養標準負担額自己負担となります。

※2 過去12か月以内に3回以上、57,600円を超えた場合は、4回目からは「多数回」となり上限額が44,400円に下がります。

助成できないもの

  1. 健康保険のきかないもの
    • 健康診断(乳児定期健診含む)
    • 予防接種・薬の容器代
    • 入院時の差額ベッド代
    • 文書料など
  2. 交通事故等で被害を受けた場合。(ただし、自己の責任によらないもの)
  3. 学校内などのケガで日本スポーツ振興センターの災害給付金が受けられる場合

健康保険制度との調整を行うもの

高額療養費及び付加給付制度が適用された場合

高額療養費は受診した1カ月の世帯自己負担限度額を超えて、一部負担金を支払った場合に健康保険組合が被保険者に対して支給(負担)する制度です。また健康保険組合によっては、自己負担の一部を付加給付金として払い戻すところがあります。

ひとり親家庭等医療証を提示して診療を受けられた場合には、北区がすでに自己負担分を助成していますので、健康保険組合から給付される高額療養費分及び付加給付金分を区に返還していただくことになります。

医療費を全額(10割)支払った場合

保険証の未提示、または治療用装具を製作したときなどは、医療費を全額支払うこととなります。保険給付分の払い戻しを受けた後に、自己負担額を子育て給付係に請求してください。

関連リンク

ひとり親等医療費助成制度(現金支給請求)

お問い合わせ

所属課室:教育委員会事務局子ども未来部子ども未来課子育て給付係

東京都北区王子本町1-15-22 北区役所第一庁舎2階6番

電話番号:03-3908-9096