ホーム > 子育て・教育 > 小・中学校 > 北区立中学校生徒海外派遣事業 > 平成30年度北区立中学校生徒海外派遣事業 No.2

ここから本文です。

掲載開始日:2017年10月15日

最終更新日:2018年11月19日

平成30年度北区立中学校生徒海外派遣事業 No.2

事業の内容

 【平成29年度から40名に派遣生徒を拡大して実施】

 北区教育委員会では、昭和63年度より、アメリカの中学生との交流を行うとともに、その家庭に滞在し、家族の一員として寝食を共にするホームステイを通して、滞在国の学校や家庭生活、自然や文化、風俗や習慣などに触れる中学生海外派遣を実施しています。派遣生徒には、見聞した貴重な体験を基に自己の見識を高めることはもちろんですが、帰国後は区内の中学生にもその体験を伝え、国際理解に役立てていただくことを期待しています。平成29年度から派遣生徒を今までの25名から40名に拡大して実施しています。

~現地での活動の様子を紹介します~

 11月6日(火曜日)から11月17日(土曜日)までの期間、北区立中学校の第2学年生徒40名及び引率教員等8名の派遣団は、アメリカ合衆国・カリフォルニア州ウォルナットクリーク市を訪問しました。この期間、現地の学校・セブンヒルズスクール(このサイトでは「SHS」と表記します。)への体験入学をはじめウォルナットクリーク市長や日本国総領事館への訪問等を行いました。またこの間派遣生は、SHSの8年生生徒(日本に中学2年生に相当)の自宅にホームステイ生活を送りました。派遣期間中の様子を紹介します。

★3日目【11月8日(木曜日)】以前の記事はこちら

4日目【11月9日(金曜日)】      

【日本文化を伝える授業を行います】

 この派遣期間中、派遣生は6~7人ずつのグループに分かれSHSの幼稚園生から5年生までの子供たちに日本の伝統や文化を伝える授業を行います。日本での事前研修の大半は、この授業に向けての準備でした。子供たちに自分たちの思いを分かりやすく伝えるためには、どのように接したらよいか、どのようなものを準備したらよいか、多くのことを考えて臨みました。

-1年生グループ「福笑い」-

 このグループは、日本の昔遊び「福笑い」を題材にSHS1年生の児童に対して授業を行いました。派遣生の授業のトップバッターであったので、勝手が分からず緊張した表情でしたが、SHSの子供たちの協力や担任の先生の助けをいただきながら奮闘しました。

06_1109_01.jpg

06_1109_02.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

-4年生グループ「カルタ・習字」-

  このグループは、「カルタと習字」を題材にSHS4年生の児童に対して授業を行いました。派遣生は積極的に児童に英語で話しかけ、時には身振り・手振りのジェスチャーを交えなら自分たちの思いを伝えました。

06_1109_04.jpg

06_1109_05.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

5日目【11月10日(土曜日)】

【ホストファミリーと一緒に】(写真の掲出はありません)

 この週末は、SHSはお休みです。派遣生はホストファミリーと一緒に休日を過ごします。アメリカでは、来週11月22日(木曜日)は、感謝祭(サンクスギビング・デー)の祝日です。アメリカの家庭では、この感謝祭で家族ぐるみのパーティーを催すことも多く、この準備を行うホストファミリーもあるのではないでしょうか。アメリカならではの文化や風習を楽しんでください。

 

6日目【11月11日(日曜日)】

【派遣期間も、後半戦に突入します】

 ホストファミリーは派遣生を家族の一員として迎え入れてくれています。今日もホストファミリーの方と一緒に有意義な時間を過ごしていることと思います。
 以下の写真は、先週撮影したSHSでの休み時間や昼食時間の様子です。ホストフレンドやSHSの小学生たちに、派遣生は積極的に英語で話しかけていました。内容を理解することができない場面もありますが、交流を通して派遣生は多くのことを吸収しています。早いもので、この派遣期間も後半戦に突入します。明日からは、SHSでの授業参加や交流活動に加え、現地の高校(ラスロマス高校)やウォルナットクリーク市長との訪問が予定されています。慣れない生活で疲れもあるかとは思いますが、さらに充実した日々なるよう期待しています。 

06_1110-01.jpg

06_1110-02.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

06_1110-03.jpg

06_1110-04.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

7日目【11月12日(月曜日)】

【派遣生による授業です】

 先週に引き続き、派遣生はグループに分かれSHSの子供たちに日本の伝統や文化を伝える授業を担当します。今日は、2年生のクラスで習字「筆ペン」、5年生のクラスで「凧揚げ」を題材とした授業を行いました。先週授業を実施した他の派遣生のグループから、授業の組み立てや声かけの仕方などの意見を参考にさらに工夫をして子供たちに接しました。  

08_1112-01.jpg

08_1112-04.jpg 

 

 

 

 

 

 

 

【私たちへのおもてなし】

 SHS校内の様々な場所に北区を歓迎する配慮がされています。今までの北区の派遣団とSHSが築きあげてきた友好の証とも言えます。

08_1112-07.jpg

08_1112-10.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 
【SHS学校生活の一日の最後は】

 SHSの学校生活の最後は、派遣生全員が集まり今日一日の振り返りと明日の予定の確認を行うミィーティングを行います。その後、ホストフレンドと一緒に各家庭に帰っていきます。 

08_1112-11.jpg

08_1112-09.jpg

 

 

 

 

 

  

 

 

8日目【11月13日(火曜日)】

【中学生の授業に参加】

 今日のSHSでの交流活動は、グループに分かれSHS6年生~8年生(日本の中学生に相当)のスペイン語、数学、歴史の授業に参加しました。スペイン語の歌を歌ったり、エジプトの歴史について学んだりしました。とても新鮮な気持ちで授業に臨んでいました。今日のSHSでの活動は午前中の2時間で終わり、このあとラスロマス高校に訪問します。  

09_1113-01.jpg

09_1113-03.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

【ラスロマス高校での交流活動】

 SHSでの交流の後、派遣生は現地公立学校・ラスロマス高校を訪問し、日本語を学んでいるクラスの授業に参加しました。派遣生と高校生で2、3人のグループで交流しました。この教室内で、アメリカの高校生と日本語で会話をしていることに派遣生たちは驚きです。授業の最後には、全員の前で派遣生は英語で、高校生は日本語で自己紹介をしました。授業後は、ホストファミリーから用意された昼食を、高校生たちと一緒に美味しくいただきました。

09_1113-06.jpg

09_1113-07.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

★9日目【11月14日(水曜日)】以降の記事はこちら

お問い合わせ

所属課室:教育委員会事務局教育振興部教育指導課指導係

東京都北区滝野川2-52-10(旧滝野川中学校) 北区役所滝野川分庁舎2階4番

電話番号:03‐3908‐9287