ホーム > 健康・医療・福祉 > 高齢者の方 > 予防接種 > 高齢者インフルエンザ予防接種

ここから本文です。

掲載開始日:2016年8月19日

最終更新日:2017年9月26日

 

高齢者インフルエンザ予防接種

インフルエンザは、感染すると普通の風邪に比べて全身症状が強く、肺炎等を合併すると重症化するため、予防接種をお勧めいたします。

この予防接種は、個人の発病またはその重症化の防止に重点がおかれています。また、対象者のうち希望する方のみに行い、義務付けられたり強制されるものではありません。

なお、高齢者インフルエンザ予防接種の対象者には予診票等ご案内を9月下旬に郵送しています。

紛失等の際には、下記問い合わせ先まで、お電話にて再発行等のお申込みをお願いいたします。

高齢者インフルエンザ予防接種

対象者に「高齢者インフルエンザ予防接種のお知らせ」を送付いたします。

対象者

①区内在住の接種日現在65歳以上の方で、昭和27年12月31日以前に生まれた方

②区内在住の接種日現在60歳から64歳で、心臓、じん臓、呼吸器の機能またはヒト免疫不全ウイルスによる免疫の機能に重い障害がある方(身体障害者手帳1級相当)

対象の方には、平成29年9月下旬に送付しました。また、今年の11月、12月に65歳を迎える方には誕生月の前月末に送付いたします。

※実施期間中に北区に転入された方は、下記問い合わせ先までご連絡いただき、北区の高齢者インフルエンザ予防接種の予診票を申請してください。

大切なお知らせです。紛失しないようご注意をお願いします。また、医療機関に予診票は置いてありません。予防接種を受ける際には必ず予診票をお持ちください。

接種期間

平成29年10月1日(日曜日)から平成30年1月31日(水曜日)まで

助成回数

接種期間内に1回

接種方法

23区内の協力医療機関で接種する場合

健康推進課より予診票等を送付しました。(9月下旬送付)

高齢者インフルエンザ予防接種予診票及び健康保険証または後期高齢者医療被保険者証を持参し、医療機関で接種を受けてください。

※協力医療機関には予防接種実施医療機関のポスターが掲示してあります。

23区以外で接種する場合(入院、施設入所等やむを得ない事情により)

北区の予診票は23区内医療機関以外では使用できませんので、ご注意をお願いします。

詳しくは、下記問い合わせ先までご連絡をお願いします。

※注意事項

住所、氏名、年齢確認のため、健康保険証または後期高齢者医療被保険者証を必ずお持ちください。
休診日は医療機関によって異なります。また予約が必要な場合もありますので、事前に医療機関にお問い合わせの上、接種してください。
また、医療機関によっては、自宅で接種できる場合があります。医療機関に直接お問い合わせください。

自己負担金

一人 2,500円
接種を受ける医療機関の窓口で、お支払いください。

※72歳以上の方(昭和21年3月31日以前に生まれた方)及び接種対象者のうち生活保護等を受けている方は自己負担金が免除されます。

実施医療機関

実施医療機関(PDF:570KB)

※休診日は各医療機関で異なります。事前に医療機関にお問い合わせの上、接種してください。

問い合わせ先

健康推進課コールセンター(電話3908-9034)

(午前8時30分から午後5時まで。※土曜日・日曜日・祝日・年末年始を除く。)

健康係・・・北区役所第1庁舎1階6番窓口(電話3908-9016)

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:健康福祉部健康推進課健康係

東京都北区王子本町1-15-22 北区役所第一庁舎1階6番

電話番号:03-3908-9016