ホーム > まちづくり・住宅・環境 > 環境 > 地球温暖化対策 > マンション省エネ対策 > 省エネ対策を行ったマンションの実例をご紹介します

ここから本文です。

掲載開始日:2017年3月13日

最終更新日:2020年2月21日

省エネ対策を行ったマンションの実例をご紹介します

北区では、地球温暖化対策の一環として、集合住宅の管理組合に対する事業を行っています。

それらの事業を利用されたマンションの実例をご紹介します。

1.省エネコンサルタント派遣による省エネ診断を受け、
2.照明器具のLED化の際に、区の助成金を利用して設置し、
3.効果検証を行ったマンションです。

マンションの規模等

Aマンション

  • 地上11階、97戸、延べ面積 約7,100平方メートル、築22年、共用部分をLED化(約170灯)
  • 年間の電気料金が 約24万円削減24.8%削減(電力量は13.7%削減)
  • 設置費用は、11.7年で回収できる見込みです。(助成金を利用しない場合の回収年は、13.9年)

Bマンション

  • 地上7階、62戸、延べ面積 約4,400平方メートル、築22年、共用部分をLED化(約120灯)
  • 年間の電気料金が 約19万円削減28.5%削減(電力量は21.1%削減)
  • 設置費用は、11.2年で回収できる見込みです。(助成金を利用しない場合の回収年は、13.3年)

LED導入時の助成金とは

建物の共用部分に、LED照明器具・LED誘導灯器具を導入する際、

助成対象となる経費の20%以内(100万円限度)の助成を行います。

効果検証時、省エネコンサルタントからのコメント

  • 電気料金が削減できたのに加え、今後はランプ寿命が4倍となるため、交換費用・手間が軽減されます。
  • 電気使用量の削減に伴い、契約方法の変更により電気料金が下がる可能性があります。
  • エレベータの更新等に合わせて、電子ブレーカによる主開閉器を設けて契約方法の変更をすることにより、電気料金を大幅に削減できます。

利用者の感想

  • 共用部分のLED化に伴い、かなりの省電力が出来て良かった。電気料金が軽減され、組合員からも好評であった。
  • 油圧式エレベータは電気を沢山使用する等、機器別の詳しい説明が受けられ、説明もわかりやすかった。

 

「省エネコンサルタント派遣」「助成金」については、下記お問合せ先にご相談ください。

関連リンク

お問い合わせ

所属課室:生活環境部環境課環境政策係

東京都北区王子本町1-2-11 北区役所第二庁舎3階

電話番号:03-3908-8603