ホーム > まちづくり・住宅・環境 > 住宅・建築 > 住宅 > 被災建築物応急危険度判定について

ここから本文です。

掲載開始日:2013年6月10日

最終更新日:2020年3月5日

被災建築物応急危険度判定について

1.被災建築物応急危険度判定とは

被災建築物応急危険度判定は、大地震発生後、余震等による建築物の倒壊、部材の落下等から生じる二次災害を防止し、住民の安全確保を図るため、地震発生後、早期に建築物の被害状況を調査し、使用できるかどうかを応急的に判定するものです。

その判定結果は、「危険」「要注意」「調査済」の三種類の判定ステッカーにより、建築物の見やすい場所に表示し、当該建築物の利用者・居住者・歩行者等に対し、建築物の危険性について周知します。

なお、この調査は罹災(りさい)証明のための被害調査ではありませんので、ご注意ください。

2.判定結果の表示方法

被災建築物の調査は「被災建築物応急危険度判定マニュアル(日本建築防災協会編)」に基づいて行われ、「危険」(赤色)・「要注意」(黄色)・「調査済」(緑色)の三種類の判定ステッカーを建築物の見やすい場所に掲示します。

判定を受けた建築物の使用に際しては、二次災害を防止するためにも、判定ステッカーに記載されている事項に従っていただきますようお願いします。

応急危険度判定ステッカー

ステッカー表示

判定結果

危険(赤色)

被災建築物に立ち入ることが危険なもの

要注意(黄色)

被災建築物に立ち入る場合は十分注意するもの

調査済(緑色)

被災建築物が使用可能なもの

応急危険度判定ステッカー

3.被災建築物応急危険度判定員について

応急危険度判定は区が地震発生後、応急対策の一つとして行うべきものですが、大規模な災害の場合、判定を必要とする建築物の量的な問題等で、行政職員だけでは対応が難しい場合があります。

そこで、東京都では、ボランティアとしてご協力いただける民間建築士の方々を応急危険度判定員(以下、判定員とする。)として登録を行っています。民間建築士による判定員は、建築士(建築士法第2条に規定する1級・2級・木造建築士)の資格があり、東京都内に在住、または在勤の方を対象に、講習や訓練を受け、東京都防災ボランティア制度に基づき判定員として登録された方です。

判定員が活動を行う際には、身分を明示するヘルメットシール、腕章等を着用し、「東京都ボランティア(応急危険度判定員)登録証」(以下、ボランティア登録証とする。)を携帯しています。

4.北区の応急危険度判定体制について

北区では、東京都防災ボランティア制度に基づき判定員に登録されている方々のうち、北区に在住もしくは在勤の方に、組織的、機動的に活動していただくために、平成12年に「北区被災建築物応急危険度判定員会」(以下、北区判定員会とする。)を発足いたしました。現在100余名の方に登録していただいております。

この北区判定員会では、区内を7地区に分けて判定活動の実施に努めていきますが、大地震時には、判定員が不足すると予想されます。北区に在住または在勤の建築士の方には、東京都の防災ボランティアに登録していただき、北区判定員会へご参加いただきますよう、ご協力をお願いいたします。

5.大地震が発生し、判定員が調査にきたら

応急危険度判定は二次災害から区民の皆様の安全を確保するためのものです。判定員が調査に伺った場合は、円滑な活動が行えるよう区民の皆様のご協力をお願いいたします。

なお、災害時は災害に便乗した悪質な業者による調査、押し売りが予想されます。応急危険度判定は、区が実施を宣言して行われます。その際判定員は、身分を明示するヘルメットシール、腕章等を着用し、ボランティア登録証を携帯しています。不審な場合は、ボランティア登録証の提示などを求めて、身分を確認してください。

6.被災建築物応急危険度判定員の募集について

応急危険度判定員の募集及び登録事務は東京都が行っています。登録を希望される方は講習会を受けていただき、受講後、「東京都ボランティア(応急危険度判定員)登録証」が交付されます。講習会は毎年行っています。

  • (1)応募資格:
    建築士(建築士法第2条に規定する1級・2級・木造建築士)の資格を有し、東京都内に在住または在勤の方
  • (2)受講料:無料

応募方法等の詳しい内容につきましては、下記の東京都都市整備局ホームページをご覧ください。

関連リンク

東京都HP「被災建築物応急危険度判定制度(建築物の防災)」(外部サイトへリンク)

お問い合わせ

所属課室:まちづくり部建築課構造・耐震化促進係

東京都北区王子本町1-15-22 北区役所第一庁舎7階7番

電話番号:03-3908-9176