ホーム > 健康・医療・福祉 > 生活の相談 > 住民税非課税世帯等に対する臨時特別給付金(生活支援臨時特別給付金)のご案内

ここから本文です。

掲載開始日:2022年1月4日

最終更新日:2022年1月27日

住民税非課税世帯等に対する臨時特別給付金(生活支援臨時特別給付金)のご案内

令和3年11月19日に「コロナ克服・新時代開拓のための経済対策」が閣議決定され、新型コロナウイルス感染症の影響が長期化する中、様々な面で困難に直面した方々が、速やかに生活・暮らしの支援を受けられるよう、住民税非課税世帯等に対して、1世帯あたり10万円の臨時特別給付金の支給が決定されました。
北区では、令和3年12月末に国の補正予算が議決されたことを踏まえ、現在対象となる方の把握や具体的なスケジュールの検討に努めております。今後も決定次第速やかに北区ニュースやホームページなどで周知を図ってまいりますので、ご理解いただきますようお願い申し上げます。
 令和4年1月27日(木)から順次、非課税世帯の方に確認書を発送いたします。受付については、新型コロナウイルス感染症対策として、窓口の混雑を避けるため、原則として郵送のみとなります。なお、ご不明な点等ございましたら、コールセンター(0120-550-620)へお問合せいただきますようお願いいたします。

【概要】

支給対象

次の2つの条件のどちらかに該当する世帯が対象となります。

①非課税世帯
 基準日(令和3年12月10日)において世帯全員の令和3年度住民税均等割が非課税である世帯
 ※課税者の扶養親族等のみの世帯は支給の対象となりません(②も同様)。
 ※生活保護受給世帯については、同一世帯内に課税となる方がいない場合は、支給対象となります。

②家計急変世帯
 新型コロナウイルス感染症の影響を受けて家計が急変し、①と同様の事情にあると認められる世帯

支給額

1世帯あたり10万円
※上記①・②を重複して受給することはできません。
※本給付金は非課税所得となります。また、生活保護制度上の収入として認定しません。

支給時期(予定)

①非課税世帯
 令和3年1月1日以前から区内に住民登録があり、住民税が非課税である世帯へは令和4年1月27日(木)から確認書を順次発送いたします。確認書が返送され次第、令和4年2月7日(月)頃から順次、支給を開始いたします。
※令和3年1月2日以降に北区に転入された方に対しては、令和3年度住民税が非課税であることを北区から前住所地へ照会します。確認が終わり次第、確認書を順次送付いたしますので、お待ちください。また、令和3年度の住民税が未申告の方がいる場合など、世帯の全員の方が非課税であるかわからない場合は、申請をしていただく必要があります。対象の方へは、2月中旬に申請書を送付する予定ですので、今しばらくお待ちください。確認書や申請書を送付した場合には、ホームページでお知らせいたします。
※対象と思われる世帯で2月下旬までに確認書や申請書が届かない場合には、コールセンターまでお問い合わせください。

②家計急変世帯
 令和4年2月1日(火)から受付を開始し、審査の上、順次支給を開始いたします。

申請方法

 ①非課税世帯
  対象となる世帯の世帯主宛てに確認書を発送いたします。同封の案内チラシに従い、確認書に必要事項をご記入の上、ご返送ください。(本人確認書類のコピー等が必要な場合がありますので、案内チラシをご確認ください。)

 ②家計急変世帯
  申請書の提出が必要となります。申請書はこのページからダウンロードいただき、必要事項をご記入の上、必要書類と合わせてご郵送ください。
  申請書のダウンロードが困難で郵送を希望される場合は、コールセンターへご連絡ください。
  申請書と申立書のダウンロード及び配布については、令和4年2月1日(火)を予定していますので、ご留意願います。
   ※申請書配布場所:区役所(産業振興課・生活福祉課)、北区社会福祉協議会

《提出書類》
 1.申請書
 2.申請請求者の本人確認書類のコピー
 3.戸籍の附票の写し(コピー)(令和3年1月1日以降、複数回転居された方のみ。)
 4.受取口座を確認できる書類のコピー
   (通帳やキャッシュカードなど、受取口座の金融機関名・口座番号・口座名義人を確認
   できる部分が必要です。)
 5.簡易な収入(所得)見込額の申立書(家計急変者用)
 6.「簡易な収入(所得)見込額の申立書」に記載した、令和3年中の収入見込額または
   任意の1か月の収入の状況を確認できる書類のコピー
    ※例:給与明細、源泉徴収票、確定申告書など

《提出先》※郵送での受付となります。
 〒114-8546 滝野川2-52-10(滝野川分庁舎1階)
 北区生活支援臨時特別給付金担当課

申請期限

①非課税世帯
 確認書発行日から3か月以内(確認書に日付が記載されています)

②家計急変世帯
 令和4年9月30日(金)まで

受給方法

支給が決定次第、確認書または申請書に記載いただいた口座へ振込

【支給対象となる目安について】

①非課税世帯の支給の目安について

ご自身が非課税かご不明の場合には以下を参考としてください。
支給の対象となる非課税の目安については、次のとおりです。

・給与等の収入があり、それらを計算した所得金額が一定金額以下の方
 ※扶養している親族の人数によって目安となる金額が異なります。

判定のイメージ(給与収入の場合)

 hikazeihantei

収入額ベース:収入金額をもとにした目安
所得額ベース:収入金額をもとに計算した所得金額の目安
 
非課税となる方の目安について詳しくはこちらをご覧ください。(住民税のページへリンク)

②家計急変世帯の支給の目安について

 支給対象となる目安

家計急変世帯の支給対象の目安は以下のとおりです。

・令和3年1月以降の任意の1か月の収入を年収に換算して判定します。
 ※非課税相当水準の収入は世帯構成により異なりますので、下記の表をご確認ください。
・収入の種類は給与、事業、不動産、年金です。
・収入で要件を満たさない場合は、1年間の所得で判定します。この場合は、令和3年分所得の確定申告書、住民税申告書、源泉徴収票等の写しで判定します。
・申請時点の世帯状況で、世帯員全員のそれぞれの収入(所得)について判定し、世帯員全員が非課税相当限額の収入(所得)を下回る場合は、家計急変世帯として給付金の支給対象となります。
 ※令和3年度住民税が非課税となっている世帯員は上記の判定は不要です。

kakeikyuuhen

収入(所得)の確認に必要な書類

収入(所得)の確認には以下の書類が必要になります。 

・簡易な収入(所得)見込み額の申立書
・家計が急変したことが分かる資料等

【配偶者やその他親族からの暴力(DV)などを理由に避難されている方】

北区から他の市区町村に避難されている方

 配偶者等からの暴力を理由に避難しており、現在の市区町村に住民登録を移すことが出来ない方は、申請により避難先の市区町村から給付金を受け取ることが出来る場合があります。

北区に避難されている方

 配偶者等からの暴力を理由に北区に避難しており、北区に住民登録を移すことが出来ない方は、申請により北区から給付金を受け取ることが出来る場合があります。

※いずれの場合も給付金を受け取るには、要件を満たしている必要があります。
 対象となる要件や手続き方法等の詳細につきましては、決定次第、お知らせいたします。

【北区生活支援臨時特別給付金コールセンター】

令和4年1月17日(月)に開設しました。
電話番号:0120-550-620
受付時間:午前9時から午後6時(土・日・祝日を除く)

 

【内閣府コールセンター(制度についてのお問い合わせ)】

電話番号:0120-526-145
受付時間:午前9時から午後8時(土・日・祝日を含む)

【”振り込め詐欺”や”個人情報の詐欺”にご注意ください】

ご自宅や職場などに、北区や東京都、国(の職員)などをかたった不審な電話や郵便があった場合は、最寄りの警察署(または警察相談専用電話「#9110」)にご連絡ください。 

関連リンク

内閣府ホームページ(外部サイトへリンク)
新型コロナウイルス感染症生活困窮者自立支援金の支給(申請期限:令和4年3月31日)
令和3年度子育て世帯への臨時特別支援事業(給付金)の支給についてのお知らせ

お問い合わせ

所属課室:健康福祉部生活支援臨時特別給付金担当課