ホーム > 区政情報 > 広報・広聴 > 報道 > フォトアルバム > 平成28年(2016年) > 2016年7月 > 古民家で子どもたちが「七夕馬」作りを体験!

ここから本文です。

最終更新日:2016年7月2日

古民家で子どもたちが「七夕馬」作りを体験!

28七夕馬フォト

写真:七夕馬作りの様子

平成28年7月2日(土曜日)、北区ふるさと農家体験館(赤羽西5-2-34赤羽自然観察公園内)で、区内在住の子どもや保護者ら19名が、かつて浮間地区で作られていた伝統的な七夕飾り「七夕馬」作りを体験した。
「七夕馬」は、稲ワラやマコモを材料として作る馬の人形。昭和初期の浮間地区では、笹竹2本の七夕飾りの間に縄を張って、雄と雌の2頭の七夕馬を吊るすことで農作物の豊作を祈願し、彦星と織姫はこの馬に乗って夜空で再会できるとされていた。
参加者は、稲ワラやマコモを結んだり編みこんだりと、慣れない作業に悪戦苦闘しながら、約2時間かけて雄と雌の七夕馬を完成させた。

お問い合わせ

所属課室:政策経営部広報課(報道・ホームページ担当)

東京都北区王子本町1-15-22 北区役所第一庁舎3階1番

電話番号:03-3908-1102