ホーム > 区政情報 > 広報・広聴 > 報道 > フォトアルバム > 令和2年(2020年) > 2020年2月 > 鷹匠の大和田さんを取材しました

ここから本文です。

最終更新日:2020年2月12日

鷹匠の大和田さんを取材しました

200212-1

荒川河川敷で、北区在住の鷹匠(鷹を飼育・訓練する専門家)・大和田等さんを取材しました。
大和田さんは鷹匠歴27年。小学生の頃からの憧れだったそうで、いまでは荒川河川敷や学校などで、主に子どもたちにその素晴らしさを伝えています。

この日見せてくれた鷹は、ハリスホークの「チョコ」ちゃん(雌・1歳)。
笛の合図にあわせ、大きな翼で澄み渡る青空を悠々と舞い、一気に低空飛行で我々の目前に迫ります。反面、肩に乗りつつ甘える声を発するなど、その愛らしさも魅力的です。

大和田さんによると、荒川には、オオタカ、ハヤブサ、コミミズクなど、多種の猛禽類(もうきんるい)が飛来するそうで、過日は、東京湾で見かけるミサゴが、魚を捕らえていたことも見かけたそう。荒川には豊かな自然が間近で見られるので、北区で触れられる自然をもっと感じてみてください。

「野生の世界は、私たちが思っているよりもはるかに厳しいと思います。生き物が飼える環境にあるならば、子どもたちには生き物を飼ってほしい。飼育する動物が先に死ぬことが多いですが、大切に育てた命を失うことで、死というもの、大切な命と慈しみを学べると思います。また、鷹はインパクトが強く、家族の会話が増えることにもつながります」。

自然や生き物への愛情、それを子どもたちへ伝えたい想いを強く抱く鷹匠・大和田等さん。澄んだ青空と豊かな水面を背景に、その優しい眼差しが一層輝いて見えました。

200212-2

200212-3

お問い合わせ

所属課室:政策経営部広報課(報道・ホームページ担当)

東京都北区王子本町1-15-22 北区役所第一庁舎3階1番

電話番号:03-3908-1102