ホーム > 区政情報 > 広報・広聴 > 報道 > フォトアルバム > 令和3年(2021年) > 2021年2月 > 北区指定無形民俗文化財「稲付の餅搗唄」披露

ここから本文です。

最終更新日:2021年2月4日

北区指定無形民俗文化財「稲付の餅搗唄」披露

210204-1

唄を披露する保存会のメンバーの様子

令和3年2月3日(水曜日)、道観山稲荷神社(赤羽西2-14-20)の境内で、北区指定無形民俗文化財に指定されている「稲付の餅搗唄」を地元の餅つき唄保存会(会長:小川孝、会員数25名)が披露した。
今年は新型コロナウイルスの影響で、実際に餅を搗くことができなかったが、会場にかけつけた地域の人たちと一緒に、手拍子や「よいしょ」の掛け声で、地域の伝統を継承した。

210204-2

餅を搗いている表現を演出している様子

お問い合わせ

所属課室:教育委員会事務局教育振興部飛鳥山博物館事業係

東京都北区王子1-1-3 飛鳥山公園内

電話番号:03-3916-1133