ホーム > 区政情報 > 広報・広聴 > 報道 > プレスリリース > 令和元年8月プレスリリース > 北区指定無形民俗文化財「王子田楽」奉納

ここから本文です。

掲載開始日:2019年8月4日

最終更新日:2019年8月4日

北区指定無形民俗文化財「王子田楽」奉納

190804-2-18月4日(日曜日)、王子神社(王子本町1-1-12)で、魔事災難除けを祈願する『王子田楽』が区内の小学生8名によって奉納された。
『王子田楽』は、王子神社の例大祭にともなって神前に奉納される躍りで、はじまりは鎌倉時代まで遡るといわれる。戦争の影響で一時途絶えていたが、地元の人々の尽力により昭和58年に復興。昭和62年には「北区指定無形民俗文化財」に指定されている。
色鮮やかな花笠をかぶり「舞(ぶ)童(どう)」となった子どもたちが、笛や太鼓の音に合わせ、「田楽舞」を優美に披露。1年間の稽古に励み、伝統を受け継いで見事に躍りきった子どもたちには、約300人の観衆から惜しみない拍手が送られた。

(写真:田楽舞を躍る舞童)

『王子田楽』は、王子神社の例大祭にともなって神前に奉納される躍りで、はじまりは鎌倉時代まで遡るといわれ、700年の歴史を誇る。一般的な田楽舞が五穀豊穣を祈念するのに対し、王子田楽の躍りは魔事災難除けを祈願するという大きな特徴がある。戦前には、舞童の花笠が観衆の頭上に投げられ、それを縁起物として奪い合う、ケンカ祭りとしても知られていた。王子に深く根付いていた田楽は、戦争中の昭和19年から途絶えていたが、昭和58年に地元の人々の熱意と努力により復興。その後、毎年奉納され、昭和62年には北区指定無形民俗文化財に指定されている。

この日、王子田楽の舞童を演じたのは区内の小学3年生から6年生までの児童8名。毎週2回集まり、約1年間熱心に稽古を続けてきた。色鮮やかな花笠を被り、衣装を着けた子どもたちは、北区役所第四庁舎前から王子神社まで、武者や神官、氏子総代らとともに列をなして歩く。同神社の鳥居の前でお祓いを受け、中世芸能の特徴を色濃く伝える「中門口(ちゅうもんぐち)」を参道で躍った後、舞台に上がり、田楽舞を披露。鼓や筰(ささら)、小太鼓を持ち、笛や大太鼓のリードにあわせ、二列になったり、輪になったりと位置を変えたり、地面から湧き出る魔を踏み鎮める意味を込めて上下に跳ねるなど、優美に躍り、舞童の役目を見事に果たした。

神輿の音を聞いてやってきた30代の男性は「子どもが踊っているので、大人も見ていて楽しいし、踊っている子どもたちも楽しいと思います。また、見ている子どもたちも次は自分が踊ろうと思え、こうやって地域の伝統を伝えていけるのは良いことだなと感じました。」と話してくれた。

王子田楽衆の代表・高木基雄さんは「王子田楽は、芸能の基本要素がしっかりと伝承されているので評価が高く、日本一の形式美に優れた田楽と自負しています。年々、舞童の担い手は集まりにくくなってきていますが、田楽活動仲間の結束は固く、しっかり伝承できています。また、今年は地元医師に演技中も見守っていただけ、児童保護も万全で行えました。」と話してくれた。

中門口

王子田楽の十二番の演目のうち、一番目の躍り。

長さ20cm、幅2cm、厚さ8~9mmの薄い板を50枚組み合わせ、片側を束ねた楽器。

 

(令和元年8月4日プレスリリース)

お問い合わせ

所属課室:教育委員会事務局教育振興部飛鳥山博物館事業係

東京都北区王子1-1-3 飛鳥山公園内

電話番号:03-3916-1133

所属課室:政策経営部広報課(報道・ホームページ担当)

東京都北区王子本町1-15-22 北区役所第一庁舎3階1番

電話番号:03-3908-1102