ホーム > 区政情報 > 広報・広聴 > 報道 > プレスリリース > 令和元年8月プレスリリース > 「夏休み縄文人なりきり体験教室」開催

ここから本文です。

掲載開始日:2019年8月6日

最終更新日:2019年8月6日

「夏休み縄文人なりきり体験教室」開催

190806-18月6日(火曜日)、北区飛鳥山博物館(王子1-1-3 飛鳥山公園内)で、復元した縄文時代の道具を用いた「夏休み縄文人なりきり体験教室」を開催した。
これは、子どもたちと保護者に縄文人の暮らしを肌で体感しながら学び、夏休みの自由研究に役立ててもらおうと実施したもの。
この日、区内在住の小中学生と保護者12組28名が参加し、木の棒(火きり棒)を回転させる『火おこし』や『弓矢での狩り』、『石を使ったくるみ割り』などを体験。縄文人の暮らしの知恵や苦労を楽しみながら学び、普段の生活のありがたさを親子で実感していた。

(写真:火おこし体験の様子)

「夏休み縄文人なりきり体験教室」は、北区飛鳥山博物館が開催している小中学生の自由研究に役立つイベント「夏休みわくわくミュージアム☆2019」の一環として催され、夏休みの子どもたちへ縄文人の暮らしを肌で体感し理解を深めてもらおうと企画されたもの。

この日、小学3年生から中学1年生までの子どもとその保護者12組28名が参加した。子どもたちは縄文服や勾玉等が付いた首飾りなどのアクセサリーを身に着けて縄文人に変身。まず、同館学芸員から、土器や貝塚など、縄文人の暮らしについての説明を受けた。その後、火おこしや、矢を段ボールで作られたイノシシなどの動物に当てる弓矢での狩り、平たくて頑丈な石と丸い拳サイズの石を使ったくるみ割りなどを体験。他にも、縄を転がして縄文土器の文様を粘土につけて土版(タブレット)を作成するなど、縄文人の文化や暮らしをする上での工夫や知恵、苦労など様々な体験を通じて親子で感じ取っていた。

火おこし体験では、相当な力が必要とされる縄文時代の方法「もみぎり」は難しいため、火きり棒を安定して回転させることのできる「舞ぎり」を行った。まず、火きり棒の先端を三角の切り込みが入った「火きり板」へ当て、棒を回転させることで生じた摩擦熱によって火種を作る。次に火種を、紙を細長く切り裂いたものに乗せ、少しずつ息を吹きかけて発火させる。力を入れるタイミングがずれて、火きり棒が火きり板から離れてしまったり、なかなか煙が上がらず四苦八苦する子どもの姿も見られたが、学芸員にコツを教わりながら根気よく回し続け、棒の先端から煙が上がると、喜びの声があがった。

中学1年生の男子生徒は「火おこしは、指や腕の筋肉を使うので疲れ、とても大変でした。」と、その保護者は「火おこしの過程は資料で知っていたけれど、実際に体験することでどうやって火がつくのが知ることができたので良かったです。」と答えてくれた。

 

(令和元年8月6日プレスリリース)

お問い合わせ

所属課室:教育委員会事務局教育振興部飛鳥山博物館事業係

東京都北区王子1-1-3 飛鳥山公園内

電話番号:03-3916-1133

所属課室:政策経営部広報課(報道・ホームページ担当)

東京都北区王子本町1-15-22 北区役所第一庁舎3階1番

電話番号:03-3908-1102