ホーム > 区政情報 > 広報・広聴 > 報道 > プレスリリース > 令和元年11月プレスリリース > <事前案内>「第17回飛鳥山薪能」開催

ここから本文です。

掲載開始日:2019年11月7日

最終更新日:2019年11月7日

<事前案内>「第17回飛鳥山薪能」開催

191107-111月21日(木曜日)、22日(金曜日)北とぴあ・さくらホール(王子1-11-1)で、飛鳥山薪能(主催:飛鳥山薪能実行委員会)が開催される。17回目となる今回は野村万作と野村四郎二人の人間国宝が出演するほか、野村萬斎、森常好などが共演し花を添える。能を分かりやすく楽しめるように見どころをイヤホンガイドで解説するほか、外国人の観客のためにタブレット端末による英語字幕サービスも実施する。

(写真:昨年の飛鳥山薪能の様子)

飛鳥山薪能は、北区に生まれ育った能楽師、木村薫哉氏が飛鳥山の能舞台で薪能を上演することで地域に恩返しをしたいという思いから、平成15年に第1回が開催された。平成17年に木村氏が逝去した後も、氏の遺志を継いだ実行委員会が地域のボランティアとともに運営を担い、今年で17回目。日本を代表する能・狂言の演者を迎えて上演し、秋の飛鳥山の風物詩となっている。主催する飛鳥山薪能実行委員会は、町会・自治会、商店街、企業ボランティアなど、地域の多様な人々が主体となって構成。日本の伝統芸能の素晴らしさを発信している。

開催日時

【第一夜】11月21日(木曜日)
【第二夜】11月22日(金曜日)
開場 午後5時30分/開演 午後6時30分/終演予定 午後8時50分

会場

北とぴあ さくらホール(王子1-11-1)
交通/JR京浜東北線・東京メトロ南北線 王子駅下車 徒歩3分

演目・出演

【第一夜】

狂言「二人大名」 野村万作、野村萬斎、高野和憲 他
能 「紅葉狩」  野村四郎、森常好 他


【第二夜】

狂言「成上り」  野村萬斎、石田幸雄、石田淡朗 他
能 「俊寛」  野村四郎、森常好 他

料金

SS席8,000円 S席6,000円 A席4,000円 B席2,000円
〇チケットぴあ(http://pia.jp/t/)
通常電話予約0570-02-9999 【Pコード】第一夜:495-531 第二夜:495-540
〇北とぴあ1階チケット売り場

主催

飛鳥山薪能実行委員会

共催

東京都北区、北区教育委員会、(公財)北区文化振興財団

 

(令和元年11月7日プレスリリース)

お問い合わせ

所属課室:政策経営部広報課(報道・ホームページ担当)

東京都北区王子本町1-15-22 北区役所第一庁舎3階1番

電話番号:03-3908-1102

【内容のお問い合わせ】
飛鳥山薪能実行委員会
℡:03-3912-2157