ホーム > 区政情報 > 広報・広聴 > 報道 > プレスリリース > 令和元年11月プレスリリース > <事前案内>音無親水公園 紅葉ライトアップ

ここから本文です。

掲載開始日:2019年11月11日

最終更新日:2019年11月11日

<事前案内>音無親水公園 紅葉ライトアップ

191111-1-111月15日(金曜日)から、音無親水公園(王子本町1)で「紅葉ライトアップ」が始まる。12月15日(日曜日)まで。午後4時から9時。入園無料。
これは、「日本の都市公園百選」に選定されている同公園の魅力をより多くの人々に周知することを目的としたイベント。園内では、モミジやケヤキなどの紅葉をはじめ、石組みや2024年に新紙幣1万円札の顔となる渋沢栄一翁が建築を支援した音無橋を鮮やかに照らし、情緒ある空間を幻想的に演出する。

(写真:昨年の様子)

「音無親水公園 紅葉ライトアップ」は、(一社)東京北区観光協会(会長:大前孝太郎)が主催する(公財)東京観光財団の「令和元年度 秋のライトアップモデル事業」に採択されたイベント。春に開催した桜ライトアップが好評を得たことに引き続き、秋の紅葉バージョンのライトアップを開催し、区の魅力としてPRしていく。
 音無親水公園は、江戸時代の浮世絵にも数多く描かれている景勝地『音無川』(石神井川の別名)を再現した公園。春は桜、秋は紅葉のトンネルと石畳、水車、木橋(舟串橋)が醸し出す情緒的な空間を一目見ようと、毎年多くの人々が訪れる。昼間の紅葉はさることながら、夜間のライトアップによる一味違った晩秋の美しさを体感できることが魅力の1つ。
ライトアップでは、2024年に新紙幣1万円札の顔となる渋沢栄一翁が建築を支援した音無橋とその周辺の落葉樹を計44基のLEDライトにより照らすことで、音無橋と紅葉とのコントラストの美しさが際立ち、情緒ある空間となる。

開催期間

11月15(金曜日)~12月15日(日曜日)午後4時~9時 

場所

音無親水公園(王子本町1) 
JR京浜東北線「王子駅」北口徒歩1分/東京メトロ南北線「王子駅」3番出口徒歩1分

入園料

無料

日本の都市公園百選

公園に対する愛護の精神を高め、整備を推進するために、緑の文明学会と社団法人日本公園緑地協会が1989年に選定した100か所の日本の都市公園。都内では、音無親水公園のほか、国営昭和記念公園、日比谷公園、上野公園、水元公園、代々木公園が選ばれている。

 

(令和元年11月11日プレスリリース)

お問い合わせ

所属課室:【その他】(一社)東京北区観光協会

電話番号:03-5390-1166

所属課室:政策経営部広報課(報道・ホームページ担当)

東京都北区王子本町1-15-22 北区役所第一庁舎3階1番

電話番号:03-3908-1102