ホーム > 区政情報 > 広報・広聴 > 報道 > プレスリリース > 令和元年11月プレスリリース > 令和元年度一般会計補正予算(第3号)案まとまる

ここから本文です。

掲載開始日:2019年11月13日

最終更新日:2019年11月13日

令和元年度一般会計補正予算(第3号)案まとまる

191113-2-1北区は、総額383,900千円となる令和元年度一般会計補正予算(第3号)案をまとめた。
区ゆかりの渋沢栄一翁が、2024年からの新一万円札の肖像画、さらに2021年大河ドラマ「青天を衝け」の主人公にも決定したことを踏まえ、北区飛鳥山公園内管理事務所の改修を行い、来園者の利便性の向上とシティプロモーションの推進を図る。
台風19号関連では、被害を受けた荒川河川敷における施設の迅速な復旧を図るための経費を計上。そのほか、小中学校の体育館空調機設置工事を進めるための経費等を計上する。
11月26日(火曜日)から開会される令和元年第4回東京都北区議会定例会に上程する。

 

(写真:渋沢栄一翁(渋沢史料館所蔵)

令和元年度一般会計補正予算(第3号)の主要事業

1 シティプロモーション推進費(増額)     39,200千円

区ゆかりの渋沢栄一翁が、2024年からの新紙幣(一万円)の肖像画に採用されたことや、2021年の大河ドラマ「青天を衝け」の主人公に決定したことなどを踏まえ、飛鳥山公園管理事務所を改修し、シティプロモーション事業の一層の推進を図る。


2 学校施設整備費【小学校費】(増額)   144,500千円
3 学校施設整備費【中学校費】(増額)   140,200千円

学校体育館への空調機設置について、令和2年夏までの設置完了を目途に、残りの16校(小学校10校、中学校6校)に着手する。

4 予備費(増額)   60,000千円

台風19号により被害を受けた荒川河川敷(野球場・サッカー場・バーベキュー場等)について、迅速な復旧対応を図り、早期に一般開放を実現する。また、緊急工作隊による土のう配布、倒木の処理等についても、予備費による対応を予定し、予備費に不足が生じる見込みであり、今後の不測の事態に備えるため、予備費を増額する。

 

(令和元年11月13日プレスリリース)

お問い合わせ

所属課室:政策経営部財政課 

東京都北区王子本町1-15-22 北区役所第一庁舎3階15番

電話番号:03-3908-1105

所属課室:政策経営部広報課(イメージ戦略・シティプロモーション担当)

東京都北区王子本町1-15-22 北区役所第一庁舎3階1番

電話番号:03-3908-1102