ホーム > 区政情報 > 広報・広聴 > 報道 > プレスリリース > 令和元年12月プレスリリース > 北区ワーク・ライフ・バランス推進企業を認定

ここから本文です。

掲載開始日:2019年12月5日

最終更新日:2019年12月5日

北区ワーク・ライフ・バランス推進企業を認定

191205-112月5日(木曜日)、北とぴあ(王子1-11-1)で、「北区ワーク・ライフ・バランス推進企業」認定証交付式を開催した。
これは、仕事と生活の両立や男女ともに働きやすい職場環境づくり等に取り組む区内中小企業等を認定するもの。平成22年度から開始して今年で10回目を迎え、累計28法人の認定となった。
この日、子どもの行事でもしっかり休めるフォローアップ体制・有給休暇取得推進など、それぞれ独自の取組みで認定された6法人は、花川與惣太北区長から認定証を授与された。6法人は今後、区のホームページや広報誌等で活動紹介が掲載されるほか、取組みを推進するための補助等について、区から支援を受けることができる。
(写真:上段左から、(株)ホロムア、(株)エルコ、興亜紙業(株)、(株)ケア・ウイング下段左から、(株)さくら総合福祉、花川與惣太北区長、(株)玉越工業)

北区では、仕事と生活の両立や男女がともに働きやすい職場環境づくり等に取り組む区内中小企業等を「ワーク・ライフ・バランス推進企業」と認定し、その取組みを応援している。今年度は、ICT活用での情報共有化によるサービスの質向上への取組み、パート社員の長期定着を図るため「出勤ポイント給制度」の運用などといった取組みが評価された、株式会社さくら総合福祉(訪問鍼灸マッサージ治療院・便利屋業)、株式会社玉越工業(製造業)、株式会社ホロムア(卸売業)、株式会社エルコ(サービス業)、興亜紙業株式会社(段ボール製造業)、株式会社ケア・ウイング(在宅介護サービス)、の6法人が認定された。

この日の認定証交付式では、企業の経営者や労務管理担当者などが参加したワーク・ライフ・バランス講演会に先立ち、花川北区長から認定証が授与された。認定された企業は、区報や区ホームページ及び区が発行する関係情報誌等で活動を紹介されるほか、認定企業パネルを作成し、北とぴあ内のスペースゆう(北区男女共同参画活動拠点施設)で展示する。また、ワーク・ライフ・バランスの推進に関わる費用の補助や区中小企業融資制度の事業活性化支援資金の融資斡旋対象者となるなどの経営支援を受けられる。

株式会社玉越工業の佐藤文将代表取締役社長は「どのような働き方が従業員にとって幸せなのかが重要だと考えています。今よりもより働きやすい環境がどういうものなのかを従業員と一緒になって考えていける環境をつくっていきたいです。」と話した。

区多様性社会推進課は、「国の「働き方改革」に向けた取組みが推進される中、ワーク・ライフ・バランスの向上に向けて、区内の中小企業等が関心をもっていただけるよう、周知啓発に努めたい。」としている。

(令和元年12月5日プレスリリース)

お問い合わせ

所属課室:総務部多様性社会推進課 

東京都北区王子1-11-1(北とぴあ5階)

電話番号:03-3913-0161