ホーム > 区政情報 > 広報・広聴 > 報道 > プレスリリース > 令和2年7月プレスリリース > <事前案内>夏休みわくわくミュージアム2020「おうちde博物館」開催

ここから本文です。

掲載開始日:2020年7月22日

最終更新日:2020年7月22日

<事前案内>夏休みわくわくミュージアム2020「おうちde博物館」開催

200722-18月1日(土曜日)から北区飛鳥山博物館(王子1-1-3飛鳥山公園内)で『夏休みわくわくミュージアム2020「おうちde博物館」』が開催される。8月23日(日曜日)まで。
これは、夏休みに同博物館が実施している夏の恒例イベント。今年は新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止のため、「おうちde体験キット」の販売やホームページでおもちゃ作りの動画を公開するなど、自宅にいながら楽しめる催し物が盛りだくさんとなっている。
また、期間中、小中高生は常設展示観覧料が無料となり、新しい生活様式に配慮したうえで、「たからさがしクイズ」に挑戦することができる。

(写真:団扇作りの様子)

北区飛鳥山博物館が開催する「夏休みわくわくミュージアム」は、平成13年から開催されている夏の恒例イベントで、毎年、子どもたちの夏休みの自由研究に役立つ様々な展示や体験講座などを開催している。今年は新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止の観点から団扇作りやブローチ作りなどを体験できる体験キットを販売したり、ホームページ上に昔のおもちゃの作り方等を学ぶことのできる動画を公開するなど、自宅にいながら博物館を楽しめる催しが盛りだくさんとなっている。

また、期間中、小中高生は常設展示の観覧料が無料になり、新しい生活様式に配慮しながら博物館で「たからさがしクイズ」に挑戦することができる。挑戦者にはもれなく景品がプレゼントされる。

夏休みわくわくミュージアム2020「おうちde博物館」開催概要

開催期間

8月1日(土曜日)~8月23日(日曜日) 午前10時~午後5時
※8月10日を除く月曜日、8月11日(火曜日)は休館

会場

北区飛鳥山博物館 常設展示室・ミュージアムショップ
北区飛鳥山博物館ホームページ(https://www.city.kita.tokyo.jp/hakubutsukan/index.html

観覧料

一般 300円 65歳以上 150円
※小・中学生・高校生 無料(当イベント開催期間中のみ)

内容

博物館deたからさがし

  内容 対象 費用
キタひとさがし! 写真をヒントに展示室にかくれた人たちを探します 幼児~ 常設展示観覧料

小中高生・無料
一般・300円
65歳以上・150円
ちいきのタカラさがし! 北区を7つの地域にわけたタカラの地図を手に入れて、常設展示室にあるちいきのタカラモノを探します 小学3年生~
北区の宝探し! 歴史の教科書にのっているもののホンモノを博物館で見てみましょう 小学5年生~

おうちde作ろう

  内容 費用
博物館オリジナル・ブローチを作ろう 陶器風の土台に色をぬって、自分だけのブローチを作ります 150円
(材料費・1日限定10個)
キツネのカラクリ紙人形を作ろう 江戸時代に王子みやげとして知られていたキツネの紙人形を作ります 100円
(材料費・1日限定5個)
マイ団扇を作ろう 波や金魚などの夏らしい和の文様を切り絵にして、竹の団扇を作ります 250円
(材料費・50個限定)
割りばしでっぽうを作ろう 昔の子どもたちのように、家にあるもので割りばしでっぽうを作って遊びましょう 100円
(材料費)
紙コップで糸電話を作ろう 昔の子どもたちのように、家にあるもので糸電話を作って遊びましょう 100円
(材料費)
江戸時代の「おもちゃ絵」を作ろう 江戸時代に子どもの遊べる浮世絵として知られていたおもちゃ絵を作りましょう 100円
(材料費)
牛乳パックで行灯を作ろう 牛乳パックでつくる、むかしの明かりの道具「行灯」の設計図を手に入れましょう
※作り方のみの配布のため材料は各家庭で準備。
無料
おうちdeぬりえ 北区飛鳥山博物館オリジナルぬりえセットを持ち帰りましょう
※完成した作品を持参すると、博物館の中に展示されます。
無料

(令和2年7月22日プレスリリース)

お問い合わせ

所属課室:教育委員会事務局教育振興部飛鳥山博物館事業係

東京都北区王子1-1-3 飛鳥山公園内

電話番号:03-3916-1133