ホーム > 区政情報 > 広報・広聴 > 報道 > プレスリリース > 令和2年8月プレスリリース > ジリリタ(株)が区立小学校へスラックレールを寄付

ここから本文です。

掲載開始日:2020年8月28日

最終更新日:2020年8月28日

ジリリタ(株)が区立小学校へスラックレールを寄付

200828-18月28日(金曜日)、ジリリタ株式会社(北区赤羽1-30-12)代表取締役の髙島氏が北区役所を訪れ、全区立小学校(35校)への寄付として、スラックレール*1を小野村教育振興部長に手渡した。
この寄付は、新型コロナウイルス感染症の影響で運動不足が懸念されている子どもたちに、教室等の狭い場所でも、楽しく安全に体を動かしてもらいたいという事業者の切なる思いのもと贈られたもの。
区では、このスラックレールを全区立小学校へ8本ずつ(計280本)配布し、児童に体を動かすことの楽しさを感じてもらい、児童が心身ともに健康な状態を保つ一助として有効活用する。

(写真:小野村教育振興部長(左)とジリリタ株式会社代表取締役の髙島氏(右))

8月28日(金曜日)、ジリリタ株式会社代表取締役の髙島氏が北区役所を訪れ、区立小学校への寄付として、スラックレールを小野村教育振興部長に手渡した。

この寄付は、新型コロナウイルス感染症の感染拡大が続く中、外遊びや集団での運動等ができなくなり運動不足が懸念されている子どもたちへ、教室等の狭い環境でもバランス・体感トレーニングなど、楽しく、安全に体を動かすツールとして役立ててほしいという事業者の切なる思いのもと贈られたもの。

ジリリタ株式会社は、主に玩具・スポーツ用品および雑貨の企画デザイン製造販売やOEMグッズの企画デザイン製造、地域活性化を主としたイベントの企画運営などを手掛けている会社で、平成29年12月に設立。設立当初より、北区に事業所を構えている。

寄付にあたり、髙島代表取締役は「コロナ禍でも、少しでも子どもたちの体を動かすツールとして、北区での事業者として小学校にスラックレールを寄付させていただきました。子どもたちの元気と笑顔のため、ご活用いただければと思います。」と話した。

なお、このスラックレールは準備が整い次第、全区立小学校(35校)へ8本ずつ(計280本)配布する。

1 スラックレール

床に置いて乗り、バランスを取ることにより、様々なスポーツで必要とされる「体幹」「バランス」「集中力」を養う事が出来る「バランストレーニング器具」として、国内商標ならびに特許を取得したジリリタ株式会社のオリジナル商品。

(令和2年8月28日プレスリリース)

お問い合わせ

所属課室:政策経営部広報課(報道・ホームページ担当)

東京都北区王子本町1-15-22 北区役所第一庁舎3階1番

電話番号:03-3908-1102