ホーム > 区政情報 > 広報・広聴 > 報道 > プレスリリース > 令和2年9月プレスリリース > 「通学路安全運転呼びかけ隊」発足

ここから本文です。

掲載開始日:2020年9月4日

最終更新日:2020年9月4日

「通学路安全運転呼びかけ隊」発足

200904-29月3日(木曜日)、区立王子第二小学校(王子本町2-2-5)において、北区初となる「通学路安全運転呼びかけ隊」の発足に向けた委嘱式が行われた。
「通学路安全運転呼びかけ隊」は、警察より委嘱された学校や地域の団体が、通学路等における交通事故防止を目的に、子どもの見守りを行いながら自動車等のドライバーに安全運転を呼びかけるもの。
この日、王子警察署長から委嘱を受けた、王二小オヤジ会(おやじの会*1)は、従来からの学校・PTA・地域ボランティア等による児童の見守り活動に加え、新たな活動を進めていく。

(写真:委嘱式の様子)

この「通学路安全運転呼びかけ隊」は、警視庁により進められている取組みであり、学校及び地域の方々で構成され、通学路を通る車両に対しての交通安全の呼びかけや、児童の保護誘導活動を行うもの。
隊のメンバーは、「けいしちょう」のロゴ入りのベストを着用し、「子どもが通行しています」「スピードを落としてください」などと記載された警視庁シンボルマスコット「ピーポくん」入りのハンドプレートを掲げて安全運転を呼びかけていく。
王子第二小学校では、従来から、スクールゾーンの適用とならない土曜日の登下校における通学路の安全についてPTA内で課題提起されており、このたび、王二小オヤジ会メンバーが中心となって新たな取組みとして隊を発足した。
この日委嘱を受けた、王二小オヤジ会の北澤隆之(きたざわ たかゆき)氏は、「王二小オヤジ会は、いつも子どもたちのために何か良いことが出来ないかと、皆で悩んでいる。そんな中でこのような機会を頂き感謝しています。子どもたちの安全を守ると共に、子どもたちと一緒に交通ルールを見直す機会としたい。」と意気込みを語った。
王子第二小学校PTAの八木克真(やぎ かつま)会長は、「車を運転するドライバーは誰しもヒヤッとしたことがある。子どもたちも同じようにヒヤッとした思いをしているはず。そうした思いを子どもたちにさせないように目を配りたい。」と話し、王子第二小学校 江口千穂(えぐち ちほ)校長は、「本校で、「通学路安全運転呼びかけ隊」という素晴らしい取組みを始めることは大変喜ばしい。今の時代、学校だけで子どもたちの安全を守ることは出来ない。PTAや地域の方々と一緒になって子どもたちの安全を守りたい。」と熱意を滲ませていた。

  

*1 おやじの会
学校や地域において父親が積極的にボランティア活動を行う場として学校に定着してきた活動団体。
父親の子育て参加を促すとともに、地域の子どもは地域で育てる土壌づくりの推進を目的とする。
 

 

(令和2年9月4日プレスリリース)

 

お問い合わせ

所属課室:教育委員会事務局教育振興部生涯学習・学校地域連携課 

東京都北区滝野川2-52-10(旧滝野川中学校)北区役所滝野川分庁舎2階8番

電話番号:03-3908-9323