ホーム > 区政情報 > 広報・広聴 > 報道 > プレスリリース > 令和2年9月プレスリリース > <事前案内>田端文士村記念館企画展「文士たちのアオハル」開催

ここから本文です。

掲載開始日:2020年9月17日

最終更新日:2020年9月17日

<事前案内>田端文士村記念館企画展「文士たちのアオハル」開催

200917-1-110月2日(金曜日)から、田端文士村記念館(田端6-1-2)で、企画展「文士たちのアオハル」が開催される。令和3年1月24日(日曜日)まで。入場無料。
本展では、大正期の田端で、芥川龍之介や室生犀星など文壇での活躍を心に期する作家たちが、夢を抱いて雑誌を編集・発行していた青春(アオハル)といえる日々に焦点を当て、彼らが携わった雑誌、『新思潮』・『感情』・『赤い鳥』・『金の星』・『文藝春秋』・『驢馬』の関連資料を展示。雑誌と田端文士にまつわる“アオハル”なエピソードを紹介する。
さらに、芥川の河童図が描かれた「芥川龍之介・菊池寛合作色紙」など貴重な初公開資料を展示するほか、タイアップ企画となる「田端文士村記念館×文豪とアルケミスト」も開催される。

(写真:「文芸講演会で(大正9年11月)」(後列左から芥川龍之介・宇野浩二・久米正雄・佐々木茂索・直木三十五、前列左から菊池寛・加能作次・田中順)提供:こおりやま文学の森資料館)

大正期の田端では、文壇での活躍を心に期する若き作家たちが文壇的に著名な雑誌を編集・発行していた。夢を抱いて雑誌を作る日々は、田端文士たちにとっての青春(アオハル)といえる時代であり、人生の転機にもなった。

本企画展では、作家たちが雑誌作りに夢中になった日々に焦点を当て、芥川龍之介をはじめ、室生犀星・菊池寛・萩原朔太郎・堀辰雄などが携わった雑誌、『新思潮』・『感情』・『赤い鳥』・『金の星』・『文藝春秋』・『驢馬』の関連資料とともに、文壇で活躍するという同じ野心を持った若い作家たちが懸命に雑誌を作り上げる熱いプロセス、そこから生まれる友情など田端文士にまつわる“アオハル”なエピソードを紹介。

来場者は“アオハル”をキーワードに、過去の作家たちがイマ(現代社会)と変わらない心で青春時代を過ごしていたことを感じることができる。

さらに、「芥川龍之介・菊池寛合作色紙」や「大正14年5月13日 芥川龍之介 鈴木三重吉宛書簡」など貴重な資料を初公開するほか、新収蔵資料として、若き日の芥川の落書きが描かれた『芥川龍之介「仙人」原稿』が展示される。その他『文藝春秋』唯一の田端発行号(法政大学図書館蔵)も注目資料である。また、人気ゲーム「文豪とアルケミスト」とのタイアップ企画として、本企画展のために描き下ろした、芥川龍之介、室生犀星、萩原朔太郎の会食シーン「田端デノ想イ出ト共ニ」のイラストやキャラクターパネルの展示、クリアファイルなどのオリジナルグッズも販売する。

開催日時

令和2年10月2日(金曜日)~令和3年1月24日(日曜日)※休館日を除く
午前10時~午後5時(入館は午後4時30分まで)

休館日

月曜・祝日の翌日、年末年始(12月28日~1月4日)
※月曜が祝日の場合は火・水曜休館、祝日の翌日が土日の場合は、翌週の火曜休館

開催場所

田端文士村記念館・企画展示スペース(田端6-1-2)
アクセス:JR京浜東北線・山手線 田端駅北口から徒歩2分

入館料

無料

(参考)

田端文士村記念館について

芥川龍之介をはじめ田端に暮らし、集った文士や芸術家の功績を通じて、「田端文士芸術家村」という歴史を、後世に継承していくことを目的として平成5年に設立。文士芸術家たちの作品、原稿、書簡等の資料を展示するとともに、講演会や散策会などの催しでその功績や暮らしぶりなどを紹介している。

常設展示スペース

「知っておきたい田端文士村」をコンセプトに、田端文士芸術家たちをパネルや年表で紹介している。

 企画展示スペース

「もっと知りたい田端文士村」をコンセプトとして、年3回展示替えを行っている。

文豪とアルケミスト ゲーム紹介

DMM GAMES(PCブラウザ/i OS/Android)にて好評配信中の文豪転生シミュレーションゲーム「文豪とアルケミスト」。2016年11月にPCブラウザ版、2017年6月にアプリ版を配信し、登録者数は現在までに100万人を突破。

キャラクターに史実の関係性を反映させ、現世に転生し再会したらどうなるのか、同じ時代に生きていながら会えなかった人たちが実際に会ったらどんな関係を築くのかをコンセプトにゲームが作られている。

お問い合わせ

所属課室:【その他】田端文士村記念館

電話番号:03-5685-5171