ホーム > 区政情報 > 広報・広聴 > 報道 > プレスリリース > 令和2年11月プレスリリース > 北区立図書館に勤務する職員が新型コロナウイルスに感染していることが判明しました

ここから本文です。

掲載開始日:2020年11月13日

最終更新日:2020年11月13日

北区立図書館に勤務する職員が新型コロナウイルスに感染していることが判明しました

令和2年11月12日(木曜日)、北区立赤羽北図書館に勤務する委託事業者の職員1名が新型コロナウイルスに感染していることが判明いたしました。
当該職員は、11月1日(日曜日)まで勤務しておりましたが、11月3日(火・祝)に発熱があり、11月7日(土曜日)に医療機関を受診したのち、11月11日(水曜日)にPCR検査を実施したところ、昨日、11月12日(木曜日)、陽性と判定されました。
このため、当該図書館については、以下のとおり対応します。

1 当該図書館における対応について

  • 当該図書館は、11月13日(金曜日)と14日(土曜日)の2日間を臨時休館とし、当該期間中に、館内の消毒を再度徹底いたします。
  • 濃厚接触者の状況によっては、今後、臨時休館期間を延長する場合があります。
  • 今後、濃厚接触者として特定された方へは、北区保健所から個別に連絡し、PCR検査を実施します。

2 人権尊重・個人情報保護について

  • 感染された患者とご家族並びに職員等の人権尊重と個人情報の保護に最大限のご配慮とご協力をいただきますよう、よろしくお願い申し上げます。

(令和2年11月13日プレスリリース)

お問い合わせ

所属課室:教育委員会事務局教育振興部中央図書館

電話番号:03-5993-1125