ここから本文です。

掲載開始日:2020年11月17日

最終更新日:2020年11月17日

「高校生モニター会議」開催

201117-111月17日(火曜日)、滝野川会館(西ケ原1-23-3)で区内に在住または在学している高校生が区政に関わるテーマで意見を交わし合う「高校生モニター会議」を開催した。
これは、若い世代の意見や要望を区政運営の参考にすることを目的として平成10年度より実施しているもの。
この日、会議に参加したのは、区内の高校6校から公募や推薦により選出された高校生16名。令和2年度は「北区の魅力」をテーマに討議。最後には、高校生ならではの若い視点からの意見を花川北区長をはじめとする区関係者らに堂々と発表していた。

(写真:参加した高校生と花川北区長)

北区には15校の高等学校、高級学校があり、日中は約1万人もの高校生が区内に在学している。区は、こうした特性を活かし、区政運営に高校生の新鮮な感性を取り入れていくとともに、若者に区政への関心をもってもらい、さらには、こうした事業を通じて区のイメージアップにつなげていくことを目的に、「高校生モニター会議」を平成10年度から実施している。今回で14回目。

令和2年度は、公募や推薦により区内外の高校6校から生徒16名(1年生3名、2年生13名)が参加。新型コロナウイルス感染症拡大防止の観点から、こまめなアルコール消毒の徹底や座席の間隔を離すなどの対策を行った上で「北区の魅力」をテーマに討議が行われた。

まず、北区シティプロモーション推進担当課の職員から高校生たちに、「北区のシティプロモーション」について説明が行われた後、4グループに分かれて討議を開始。『ヒト』、『モノ』、『トコロ』、『コト』の項目に分け、北区の魅力について意見を出し合った。初対面のメンバーを前に、初めは緊張している様子だったが、普段の通学途中に発見した北区の魅力的なスポットなど、高校生ならではの若い視点から次々と意見が出された。最後には、「北区は、ナショナルトレーニングセンターにトップアスリートが集まるだけでなく、部活動が盛んな高校がたくさんあるなど、スポーツのイメージが強い」、「北区出身の多くの有名人がテレビなどで活躍していたり、ラーメンなど高校生でも楽しめるおいしいグルメがたくさんある魅力的な区。インスタグラム等のSNSで紹介できるネタが豊富だと思う」など、日頃から北区に在住・在学している高校生だからこそ感じている北区の魅力について堂々と発表し、花川北区長をはじめとする区関係者らを感心させていた。

参加した高校2年生の女子生徒は「他校の生徒と仲良くなったり、自分たちが通学している北区の魅力について改めて知ることができました。区役所の方たちに、こうして私たちの意見を伝えられる機会があることはとてもいいことだと思います。」と話してくれた。

(令和2年11月17日プレスリリース)

お問い合わせ

所属課室:政策経営部広報課

電話番号:03-3908-1102