ホーム > 区政情報 > 広報・広聴 > 報道 > プレスリリース > 令和2年12月プレスリリース > 北区ワーク・ライフ・バランス推進企業を認定

ここから本文です。

掲載開始日:2020年12月4日

最終更新日:2020年12月4日

北区ワーク・ライフ・バランス推進企業を認定

201204-112月3日(木曜日)、北区役所第1庁舎3階応接室(王子本町1-15-22)で、「北区ワーク・ライフ・バランス推進企業」認定証交付式を開催した。
これは、仕事と生活の両立や男女ともに働きやすい職場環境づくりに取組む区内中小企業等を認定するもので、平成22年度から開始して今年で11回目を迎え、累計29法人の認定となった。
この日、ワーク・ライフ・バランスに関する取組みで認定された企業が、花川與惣太北区長から認定証を交付された。今後、区のホームページや広報誌等で企業の活動紹介が掲載されるほか、取組みを推進するための補助等について、区から支援を受けることができる。

(右から、小林永治代表取締役社長(恒栄電設株式会社)、花川與惣太北区長)

北区では、仕事と生活の両立や男女がともに働きやすい職場環境づくり等に取組む区内中小企業等を「ワーク・ライフ・バランス推進企業」と認定し、その取組みを応援している。
今年度は、リフレッシュ休暇の推奨、テレワークの導入、通院治療休暇の制定、女性プロジェクトの立ち上げ、ボランティア休暇やドナー提供特別休暇の制定などの取組みが評価された、恒栄電設株式会社(建設業・北区岸町1丁目)の1法人が認定された。
区は、認定企業について、区報や区ホームページ及び区が発行する関係情報誌等で活動を紹介するほか、認定企業紹介パネルを作成し、北とぴあ内のスペースゆう(北区男女共同参画活動拠点施設)で展示する。また、ワーク・ライフ・バランスの推進に関わる費用の補助などの支援を行う。
この日、花川北区長から認定証を交付された恒栄電設株式会社の小林永治代表取締役社長は、「会社として、持続可能なまちづくりに貢献することを掲げてまいりました。社内での取組みの一つとして、各事業部門の女性事務員がオンライン等で会議をすることで、業務効率を飛躍的に向上させることができました。これもワーク・ライフ・バランス推進企業の認定がきっかけになっております。今後も会社の発展、社会への貢献ができる企業として取組みを進めていきたい。」と話した。
区多様性社会推進課は、「新型コロナウィルス感染拡大の影響で、区内の中小企業は経営的にも厳しい状況が続いている中ではあるが、ワーク・ライフ・バランスに関し、少しでも興味・関心を持っていただけるよう、普及啓発に努めていきたい」としている。

<認定企業概要> 訪問調査日現在(令和2年10月)

企業名(所在地):恒栄電設株式会社(岸町1-8-17) 

業種(主な事業):建設業(電気工事)

創業 :昭和23年

従業員数:299名(女性32名、男性267名)

 ・主な取組み
 1.トップダウンでリフレッシュ休暇取得を推奨、通院治療休暇等の特別休暇の制定。
 2.女性が活躍できる環境づくりのため、女性プロジェクトを立ち上げ。

(令和2年12月4日プレスリリース)

お問い合わせ

所属課室:総務部多様性社会推進課 

東京都北区王子1-11-1(北とぴあ5階)

電話番号:03-3913-0161