ホーム > 区政情報 > 広報・広聴 > 報道 > プレスリリース > 令和3年1月プレスリリース > 【1月28日】渋沢栄一翁デザインの広告付年賀葉書~プレゼント賞品と当選番号を発表!!~

ここから本文です。

掲載開始日:2021年1月28日

最終更新日:2021年1月28日

渋沢栄一翁デザインの広告付年賀葉書~プレゼント賞品と当選番号を発表!!~

210128-1北区は令和2年10月29日から限定で販売していた「渋沢栄一翁デザインの広告付き年賀はがき」のプレゼント賞品と当選番号の発表を行った。
当選者は、北区の『渋沢×北区 飛鳥山おみやげ館※1』で利用可能な「渋沢×北区 飛鳥山おみやげ館専用商品券」と、同じく広告付き年賀はがきを販売した深谷市の『深谷物産館※2』で利用可能な「深谷物産館専用商品券」と引き換えることが出来る。賞品の引換は、当選はがきをもって、飛鳥山観光案内所※1と深谷市の深谷物産館とでそれぞれ行う。北区の引換開始は大河ドラマ館開館日の2月20日から(深谷市は2月16日から)。なお、賞品総額は20万円分(北区10万円+深谷市10万円)。

(写真:年賀はがきの組番号)
北区は、大河ドラマ館が令和3年2月20日にオープンすることを記念し、飛鳥山の渋沢栄一像、国指定重要文化財である青淵文庫※3及び「東京北区渋沢栄一プロジェクト」のキャッチコピー「LOVE LIVE LEAD」を掲載したデザインの広告付年賀はがきを令和2年10月29日に20万枚を販売し、現在完売となっている。
今回、組番号である『青淵組』を活用した埼玉県深谷市との共同企画で、一枚の当選はがきで、北区の賞品「渋沢×北区 飛鳥山おみやげ館専用商品券」と深谷市の賞品「深谷物産館専用商品券」をそれぞれ受け取ることが出来る。引き換えは、北区は飛鳥山公園内に設置される飛鳥山観光案内所で、深谷市は深谷物産館でそれぞれ行う。また、郵便局のお年玉付き賞品も当選していた場合は郵便局にて受け取ることが可能。なお、飛鳥山観光案内所では、区内業者を中心に制作された渋沢翁に関連するお土産品を、深谷物産館では、深谷市の名産品などを購入することができ、今回の取組みにより渋沢栄一翁を通じて、両区市の地域産業を盛り上げていく。

 

当選番号などの詳細は下記ページを参照ください。

https://www.city.kita.tokyo.jp/citypr/shibusawa/jigyo/hagaki.html

 

1 渋沢×北区 飛鳥山おみやげ館・飛鳥山観光案内所

令和3年2月20日に、「渋沢×北区 青天を衝け 大河ドラマ館」と同時に飛鳥山公園内にオープン予定。

2 深谷物産館

令和3年2月16日に、「渋沢栄一 青天を衝け 深谷大河ドラマ館」に併設され、同時にオープン予定。

3 青淵文庫

1925年に竣工し、渋沢翁の書庫として、また接客の場として使用された重要文化財。北区飛鳥山公園内に現存。 

 

(令和3年1月28日プレスリリース)

お問い合わせ

所属課室:政策経営部シティプロモーション推進担当課 

東京都北区王子本町1-15-22 北区役所第一庁舎3階1番

電話番号:03-3908-1364