ホーム > 区政情報 > 広報・広聴 > 報道 > プレスリリース > 令和3年6月プレスリリース > 【6月2日】花菖蒲が「北区・子どもの水辺」で見頃を迎える

ここから本文です。

掲載開始日:2021年6月2日

最終更新日:2021年6月2日

花菖蒲が「北区・子どもの水辺」で見頃を迎える

210602-1新荒川大橋野球場北(赤羽3-29先・荒川右岸河川敷)にある「北区・子どもの水辺」内のショウブ田で、約1500株の花菖蒲が見頃を迎えた。
澄み渡る青空からまぶしい日差しが差し込んだこの日、ショウブ田では、紫や薄紫、白など色鮮やかな花菖蒲が水辺の空間にグラデーションを作り出しており、ランニングやサイクリングで付近を訪れる人々の目を楽しませ、心を癒していた。
花菖蒲は6月上旬まで楽しめそう。

(写真:ショウブ田の様子(6月1日撮影))

北区・子どもの水辺」のショウブ田(約200平方メートル)は、平成21年度に園内大池の取水堰や花壇などの整備の際に設けられ、岩淵町自治会の美化ボランティアと区が共同で管理を行っている。
園内に植えられている花菖蒲は約1500株。紫、薄紫、白など、咲きそろった可憐な花が水辺の空間を爽やかに彩り、現在見頃を迎えている。
新型コロナウイルス感染症の拡大防止の影響により発令された緊急事態宣言の期間が延長されるなど、人々がこれまで経験したことのない難局が続いている。そんな中、河川敷の水辺空間ではゆったりとした時間が流れ、色鮮やかに咲き誇る爽やかな初夏の風物詩「花菖蒲」は、蒸し暑さが続く日々の清涼剤として付近を通りかかる人々の心を癒し、楽しませていた。

(令和3年6月2日プレスリリース)

お問い合わせ

所属課室:土木部道路公園課公園河川係

東京都北区王子本町1-15-22 北区役所第一庁舎3階16番

電話番号:03-3908-9275