ホーム > 区政情報 > 広報・広聴 > 報道 > プレスリリース > 令和3年6月プレスリリース > 【6月9日】特別区民税・都民税に係る特別徴収税額決定通知書の印字誤りについて

ここから本文です。

掲載開始日:2021年6月9日

最終更新日:2021年6月9日

特別区民税・都民税に係る特別徴収税額決定通知書の印字誤りについて

令和3年5月14日付けで特別徴収事業者(従業員が納付すべき特別区民税・都民税を給与から引き落として納税者の代わりに自治体へ納入する義務がある事業所)へ送付した令和3年度給与所得等に係る特別区民税・都民税特別徴収税額の決定通知書(納税義務者用)について、印字誤りがあることが判明した。今後は、特別徴収事業者に対して謝罪文を送付した後、修正した特別徴収税額の決定通知書を対象者の自宅へ送付する予定。

1.事案の概要

特別徴収税額の決定通知書(納税義務者用)の「扶養親族該当区分」欄に本来印字すべき人数と異なる人数が印字されていることが判明したもの(控除金額及び税額に誤りなし)。

2.判明の経緯

令和3年5月28日に、通知書等を受け取った本人から「扶養親族該当区分」に記載されている人数に誤りがある旨の電話連絡が入ったことによる。

3.原因

税制改正及びシステム更改により通知書のデータレイアウトが変更され、通知書等作成の委託業者との調整・確認不足により印字すべき欄を誤ったことによる。

4.印字誤りの件数

(1)扶養親族該当区分の人数誤り数 9,629人
(2)人数誤りの通知を送付した事業所数 6,279事業所

5.印字誤りによる納税義務者への影響

所得や税額の証明書として当該通知書を使用する際に支障が生ずる。

6.今後の対応

「扶養親族該当区分」の印字誤り分について、特別徴収事業者に対して謝罪文を送付した後、正しい人数に修正した特別徴収税額の決定通知書を対象者(9,629人)の自宅へ送付する。(6月下旬、送付予定)

7.再発防止の取組み

税制改正等による印字位置等の変更について委託業者との調整期間を充分に確保できるよう契約内容を見直し、印字位置等の確認をこれまで以上に重点的に行う。

(令和3年6月9日プレスリリース)

お問い合わせ

所属課室:区民部税務課

電話番号:03-3908-1115