ホーム > 区政情報 > 広報・広聴 > 報道 > プレスリリース > 令和3年7月プレスリリース > 【7月12日】<事前案内>夏休みわくわくミュージアム☆2021「おうちde!あすかやまde!博物館」開催

ここから本文です。

掲載開始日:2021年7月12日

最終更新日:2021年7月12日

夏休みわくわくミュージアム☆2021「おうちde!あすかやまde!博物館」開催

210712-17月21日(水曜日)から北区飛鳥山博物館(王子1-1-3飛鳥山公園内)で『夏休みわくわくミュージアム☆2021「おうちde!あすかやまde!博物館」』が開催される。8月29日(日曜日)まで。
これは、夏休みに同博物館が実施している夏の恒例イベント。今年は、渋沢栄一と北区の関係についての展示や、北区の歴史が学べるクイズラリーが行われる。また、ホームページでは渋沢と北区に関する動画や自宅にいながらおもちゃ作りが楽しめる工作の動画も公開される。博物館やおうちで楽しく北区の歴史を学びつつ、わくわくドキドキの充実した夏休みを過ごすことができる。

(写真:昨年度の様子)

北区飛鳥山博物館が開催する「夏休みわくわくミュージアム」は、平成13年から開催されている夏の恒例イベントで、毎年、主に小中学校の夏休み期間に合わせて展示・各種工作教室を開催するとともに、館内で様々な催しを行うもの。

今年は、「青天を衝け」大河ドラマ館の開館に合わせ、渋沢栄一と北区の関係について学べる展示『ここがすごいぞ!渋沢栄一』と、北区の歴史や文化財がクイズラリー形式で楽しく学べるキタクイズラリーが開催される。また、新型コロナウイルス感染症拡大防止の観点から、キツネのカラクリ紙人形作り・団扇作りなどができる工作キットの販売や、ホームページで昔のおもちゃ作りが学べる動画が公開されるなど、家にいながら楽しめる催しも盛りだくさんとなっている。

夏休みわくわくミュージアム☆2021「おうちde!あすかやまde!博物館」開催概要

開催期間

7月21日(水曜日)~8月29日(日曜日) 午前9時~午後6時
※8月9日を除く月曜日、8月10日(火曜日)は休館

会場

北区飛鳥山博物館 1階常設展示室(要観覧料)、3階飛鳥山アートギャラリー第1室
北区飛鳥山博物館ホームページ(https://www.city.kita.tokyo.jp/hakubutsukan/index.html)

内容

 夏休みわくわく展示『ここがすごいぞ!渋沢栄一』

…渋沢栄一とはどんな人物か、何をしたのか、北区とどんな関係があるのかを知ろう
【会場】3階飛鳥山アートギャラリー第1室
【観覧料】無料

キタクイズラリー

…北区の歴史や文化財を、クイズラリー形式で楽しく学ぼう
【会場】1階常設展示室
【観覧料】小中高生100円、大人300円、65歳以上150円(「ちかとく」利用可)
※渋沢×北区青天を衝け大河ドラマ館のチケットをお持ちの方は、無料でご観覧いただけます。

おうちミュージアム

…北区飛鳥山博物館ホームページのおうちミュージアムで公開

  内容 
 ジュニア版「渋沢栄一と北区」  YouTubeにて配信中の動画「渋沢栄一と北区」シリーズを小中学生向けにわかりやすくアレンジ
 牛乳パックで行灯をつくろう  むかしの明かりの道具「行灯」の設計図をゲットして、牛乳パックで行灯を作ろう
 江戸時代の台所をつくろう  浮世絵に描かれた絵を組み立てて、江戸時代の台所を作ろう
 わりばしでっぽうをつくろう  昔の子どもたちのように、家にあるものでわりばしでっぽうを作って遊ぼう
 紙コップで糸電話をつくろう

 昔の子どもたちのように、家にあるもので糸電話を作って遊ぼう

おうち de つくろう

…同博物館ミュージアムショップで工作体験キットを頒布

  内容 費用
キツネのカラクリ紙人形をつくろう 江戸時代に王子みやげとして知られていたキツネの紙人形を作ろう

100円
(材料費)

マイ団扇をつくろう 波や金魚などの夏らしい和の伝統文様を切り絵にして、竹の団扇を作ろう

250円
(材料費)

江戸時代の台所をつくろう 浮世絵に描かれた絵を組み立て、江戸時代の調理道具を作ろう

100円
(材料費)

おうち de ぬりえ 北区飛鳥山博物館オリジナルぬりえで遊ぼう

50円
(材料費)

(令和3年7月12日プレスリリース)

お問い合わせ

所属課室:教育委員会事務局教育振興部飛鳥山博物館

電話番号:03-3916-1133