ホーム > 区政情報 > 広報・広聴 > 報道 > プレスリリース > 令和3年8月プレスリリース > 【8月11日】新型コロナウイルスワクチンの廃棄について

ここから本文です。

掲載開始日:2021年8月11日

最終更新日:2021年8月11日

新型コロナウイルスワクチンの廃棄について

令和3年8月10日(火曜日)に、区内医療機関においてワクチンの不適切な取り扱いがあり、新型コロナウイルスワクチンを12バイアル(72回分)廃棄することになりました。貴重なワクチンを無駄にしてしまうことになり、区民の皆様に御迷惑をお掛けしましたことを深くお詫び申し上げます。

1 概要

令和3年8月10日(火曜日)、当該医療機関の職員が、ワクチンを保管していた冷蔵庫の電源が落ちていることに気付きました。適切な温度でワクチンを管理できていなかったことから、当該ワクチンの使用を中止し、廃棄することとしました。

(注意)ファイザー社製ワクチンは、冷蔵庫で保管の場合、2~8℃で保管する必要があります。

2 廃棄することになったワクチン数

12バイアル(72回分)

3 今後の対応

区では、当事案を踏まえ、区内の新型コロナウイルスワクチン接種医療機関へ文書にて注意喚起し、ワクチンの適切な管理について改めて依頼します。

(令和3年8月11日プレスリリース)

お問い合わせ

所属課室:政策経営部広報課(報道・ホームページ担当)

東京都北区王子本町1-15-22 北区役所第一庁舎3階1番

電話番号:03-3908-1102