ホーム > 区政情報 > 広報・広聴 > 報道 > プレスリリース > 令和3年8月プレスリリース > 【8月31日】(仮称)北区パートナーシップ宣誓制度導入に向けた準備を開始します

ここから本文です。

掲載開始日:2021年8月31日

最終更新日:2021年8月31日

(仮称)北区パートナーシップ宣誓制度導入に向けた準備を開始します

北区では、性のあり方を含めて、すべての人々の人権が尊重され、誰もがいきいきと輝く生活を送れる社会の実現に向けて取り組んでいるところである。
その一つとして、性の多様性の理解促進及び性的少数者の人権尊重に関し、本年開催している東京オリンピック・パラリンピックを契機に、具体的な検討を開始する。
今後、令和4年度からの(仮称)北区パートナーシップ宣誓制度実施に向け、取り組みを進めていく。

北区男女共同参画行動計画「第6次アゼリアプラン」(令和2年3月に策定)の「性の多様性の理解促進」に基づき、多様性を認め合い、性自認や性的指向等を理由とする差別の解消、性的少数者の人権と生活向上を目指し取り組みを進めてきた。この間、「性的少数者」(※)理解に向けたリーフレットの作成、区民等を対象としたLGBT理解基礎講座の実施、職員のための「性の多様性」に関する対応ハンドブックの作成及び研修などを実施してきたところである。
このたび、性的少数者の人権尊重に関する施策の一つとして、令和4年度からの(仮称)北区パートナーシップ宣誓制度の実施を目指し、具体的検討を開始することとする。

今後、制度について詳細が決まり次第、北区ホームページのほか、北区ニュース、ツイッターやフェイスブックなどのSNSを活用した周知に努めていく。

「性的少数者」について
区では、当事者の人々を表す用語に「性的少数者」を用いています。「少数者」という言葉が差別的なニュアンスを含むという考え方がありますが、「LGBT」や「性的少数者」は一定の認知度があり、令和2年3月に策定した第6次アゼリアプランにおいても「性的少数者」と使用していることから、区においては引き続き使用することとしています。

(令和3年8月31日プレスリリース)

お問い合わせ

所属課室:総務部多様性社会推進課 

東京都北区王子1-11-1(北とぴあ5階)

電話番号:03-3913-0161