ホーム > 区政情報 > 広報・広聴 > 報道 > プレスリリース > 令和3年9月プレスリリース > 【9月15日】敬老の日を前に北区長が紀寿を祝う

ここから本文です。

掲載開始日:2021年9月15日

最終更新日:2021年9月15日

敬老の日を前に北区長が紀寿を祝う

210915-2-19月15日(水曜日)、花川與惣太北区長は、今年の5月に100歳の誕生日を迎えた安齋知治郎さん(北区赤羽北在住)に、お祝いの言葉と記念品を贈って長寿を祝った。
新型コロナウイルス感染防止のため、昨年に続き、広くスペースの取れる区内施設での贈呈となったが、ご家族とともにしっかりした足取りで到着した安齋さん。花川区長の「おめでとうございます。お互い120歳まで元気に長生きすることを目指して頑張りましょう。」のお祝いの言葉に対し、「私も元気に120歳を迎えることを目標にしています。」と語ってくれた。

(写真:記念品贈呈の様子)

北区では、区の優先課題の一つとして「長生きするなら北区が一番」を掲げており、毎年100歳を迎える区民と最高齢の区民の方へ、長寿を祝して記念品を贈呈している。*1

この日、花川区長からお祝いを受けた安齋 知治郎さん(大正10年生まれ)は、東京都江東区出身で、6人兄妹の次男として生まれた。子どもは息子と娘の2人で、現在は娘と2人で暮らしている。安齋さんは昭和24年に知人の仲介により肖像画を描く仕事を始め、85歳まで仕事として画を描いていた。その中で、皇族の肖像画を依頼(天皇陛下在位50年)されたことが、一番印象に残っているという。

安齋さんはこの日、一緒に暮らしている娘と、この日のために駆け付けたイラストレーターとして活躍されている息子の安齋肇さんとともに出席され、100歳の記念として、今まで描いた肖像画をまとめた作品集を持参した。画の説明やそれにまつわるエピソードを話しつつ作品集を花川区長に見せると、まるで写真と見間違えるかのような写実的な画に、区長及び区関係者からは感嘆の声があがった。

長生きの秘訣を聞くと「起床してすぐに深呼吸をし、食事は好き嫌いなく何でも食べること。運動は怪我防止のためにほとんど行っていないです。」と話す安齋さん。そして、「好きなことをやるのも長生きの秘訣です。」と、自身の仕事であり好きなことでもある、独学で学んだという画を描くことへの思いも語ってくれた。

花川区長が「100歳おめでとうございます。お互い、120歳まで元気に長生きすることを目指して頑張りましょう。」と言葉を贈ると、「私も元気に120歳を迎えることを目指しています。」とご家族と顔を見合わせ、嬉しそうに頷いていた。

*1 今年度(9月1日現在)、北区では、91名(男性:12名、女性:79名)が100歳を迎え、最高齢は女性の110歳となっている。

(令和3年9月15日プレスリリース)

お問い合わせ

所属課室:福祉部長寿支援課 

東京都北区王子本町1-15-22北区役所第一庁舎1階14番

電話番号:03-3908-9017