ホーム > 区政情報 > 広報・広聴 > 報道 > プレスリリース > 令和3年9月プレスリリース > 【9月17日】<事前案内>「愛とサヨナラの物語 ~芥川龍之介、田端文士たちの一期一会~」

ここから本文です。

掲載開始日:2021年9月17日

最終更新日:2021年9月17日

<事前案内>「愛とサヨナラの物語 ~芥川龍之介、田端文士たちの一期一会~」

210917-1-1令和3年10月2日(土曜日)から、田端文士村記念館(田端6-1-2)で、企画展「愛とサヨナラの物語~芥川龍之介、田端文士たちの一期一会~」が開催される。令和4年1月23日(日曜日)まで。入場無料。
本展では、芥川龍之介、室生犀星、菊池寛、直木三十五、川口松太郎など、田端ゆかりの作家たちにまつわる愛と別れの物語を紹介。さらに、芥川が大正10年発行の『夜来の花』以降の著作の装幀を依頼した親友の画家・小穴隆一に宛てた「芥川龍之介 小穴隆一宛書簡」や、芥川が小穴隆一、俳人・小沢碧童と共有した雑記帳「游心帖」を初公開する。
また、11月21日には本展の関連イベント『田端ひととき講座「田端文士たちの愛と別れ」』が開催される。

(写真:芥川龍之介 大正10年湯河原にて)

恋愛・友愛・師弟愛・家族愛など、今も昔も様々な形で存在する愛。これは人生を支える原動力にもなるが、深く愛するほど別れの寂しさは大きく、時に人生における重大な転機になることもある。

本企画展では、芥川龍之介、室生犀星、菊池寛、直木三十五、川口松太郎ら田端ゆかりの作家たちの大きな転機となった愛と別れにまつわるエピソードを紹介。芥川が親友・小穴隆一に向けて詠んだ2つの歌と絵文字を交えて大阪行きを伝えるユニークな書簡である「大正10年2月20日 芥川龍之介 小穴隆一宛書簡」*1や、芥川が小穴隆一らと共有した雑記帳である「游心帖」*2など、貴重な資料を初公開するほか、大正・昭和の文壇で活躍した作家たちの愛と別れにまつわる資料の展示を楽しむことができる。

また、11月21日(日曜日)には、本展の関連イベント『田端ひととき講座「田端文士たちの愛と別れ」』が開催される。

1 「大正10年2月20日 芥川龍之介 小穴隆一宛書簡」

翌月に発行した『夜来の花』以降は、芥川の著作のほぼ全ての装幀を小穴が担当したことや、この書簡で小穴に伝えた大阪行きが契機となり中国の取材旅行が決まったことなど、芥川の転機に繋がる書簡。

2 「游心帖」

本展では上野にあった料理屋「清凌亭」の地図が描かれたページを公開する。清凌亭は、芥川が菊池寛や小穴らとたびたび通い、女給をしていた頃の作家・佐多稲子と知り合った場所である。芥川のプライベートな一面を感じることができる貴重な資料。

企画展「愛とサヨナラの物語 ~芥川龍之介、田端文士たちの一期一会~」の概要

開催日時

令和3年10月2日(土曜日)~令和4年1月23日(日曜日)※休館日を除く
午前10時~午後5時(入館は午後4時30分まで)
※新型コロナウイルス感染拡大状況により会期が変更される場合がございます。

休館日

月曜・祝日の翌日、年末年始
※月曜が祝日の場合は火・水曜休館
 祝日の翌日が土日の場合は、翌週の火曜休館

開催場所

田端文士村記念館・企画展示スペース(田端6-1-2)
アクセス:JR京浜東北線・山手線 田端駅北口から徒歩2分

入館料

無料

<関連イベント>講演会『田端ひととき講座「田端文士たちの愛と別れ」』

  • 日時:11月21日(日曜日)午後1時開演(午後0時30分開場)
  • 講師:同館研究員
  • 内容:企画展の担当者が芥川龍之介・室生犀星・菊池寛など、田端文士の愛と別れをテーマに講義。
  • 定員:40名
  • 費用:無料
  • 申込:往復はがきで11月1日(月曜日)必着
    【往信用の裏面】1.「11月ひととき講座希望」 2.郵便番号・住所 3.氏名(ふりがな) 4.電話番号 5.年齢
    【返信用の表面】1.郵便番号・住所 2.氏名
    ※応募は1通につき1名。ただし、同居家族に限り2名まで可(往信用の裏面に続柄を記入)。
    【宛先】〒114-0014 東京都北区田端6-1-2 田端文士村記念館

(参考)<田端文士村記念館について>

芥川龍之介をはじめ田端に暮らし、集った文士や芸術家の功績を通じて、「田端文士芸術家村」という歴史を、後世に継承していくことを目的として平成5年に設立。文士芸術家たちの作品、原稿、書簡等の資料を展示するとともに、講演会や散策会などの催しでその功績や暮らしぶりなどを紹介している。

お問い合わせ

所属課室:【その他】田端文士村記念館

電話番号:03-5685-5171