ホーム > 区政情報 > 広報・広聴 > 報道 > プレスリリース > 令和3年9月プレスリリース > 【9月27日】北区版アーティストバンク「ショウケースライブ2021」開催

ここから本文です。

掲載開始日:2021年9月27日

最終更新日:2021年9月27日

北区版アーティストバンク「ショウケースライブ2021」開催

210927-19月23日(木・祝)、滝野川会館(西ケ原1-23-3)にて、北区版アーティストバンクに登録された若手アーティストによる「ショウケースライブ2021」が開催された。本ライブは、区ゆかりの若手アーティストを区民に広く知ってもらうことを目的としたもので、今回が初開催。
この日、新型コロナウイルス感染症の予防対策した中、12組のアーティストが出演。来場者は、感染予防に注意をしながら、若手アーティスト達のフレッシュではつらつとした演奏に心を躍らせていた。

(写真:当日の公演の様子)

北区と(公財)北区文化振興財団は、「文化の創造と人々の交流を育むまち」というコンセプトのもと、文化芸術活動の拠点として「ココキタ*1」を平成27年4月からオープンし、若手アーティスト活動支援や、区民への文化芸術の普及活動に力を入れている。
北区版アーティストバンクとは、4年前からスタートしたココキタ事業の一環で、北区文化振興財団がココキタで活動する様々なジャンルのアーティストの情報を「アーティストバンク」として集約し、区内でのイベントや催し等に紹介する取り組み。
「北区版アーティストバンク」の初のお披露目公演となったこの日、様々なジャンルの若手アーティストたち12組がリレー形式で次々と演奏やパフォーマンスを披露した。クラシックやジャズなど比較的馴染みあるものから、ウズベキスタンの民族音楽やアフリカのダンスパフォーマンスなど普段あまり触れることのない演奏やパフォーマンスを参加者たちは堪能した。
当日小学生の娘と来場した女性は、「区のメールマガジンの案内を見て直ぐに申し込みました。娘と一緒によく区内のイベントに参加していたが、コロナの影響で久しぶりに参加しました。色々なジャンルの演奏があって、3時間全く飽きる事なく楽しめました。娘とも学校にも演奏しに来てくれたら嬉しいね。と話していました。」と満足した様子で語ってくれた。
 
【演奏を終えたアーティストの声】
かささぎカルテット(ピアノ四重奏)
「まずはこのような状況の中、たくさんの方に演奏を聴いて頂き感謝したいです。普段は単独で演奏しているので、色々なジャンルの方と同じ舞台で演奏出来て、勉強にもなったし楽しかったです。北区で生まれ、育ち、現在も住んでいるメンバーもおり、縁のある北区での演奏活動を今後も続け、増やしていきたいです。」

【演奏を終えたアーティストの声】
Magokolo(声楽&ピアノ)
「あらためてこのような場所をご用意頂き感謝しております。また多くの方に自分達の想いやメッセージをのせた演奏を無事届けることが出来て嬉しかったです。私たち二人は北区で生まれ、育っておりますので、今日もアットホームな雰囲気の中で落ち着いて演奏出来ました。コロナの状況も見ながらですが、今後は区内で子どもと一緒に楽しめるコンサートなどを開催したいと考えております。」

*1 ココキタ
 「文化の創造と人々の交流を育むまち」というコンセプトのもと、旧豊島北中学校(豊島5-3-13)の校舎をリノベーションして誕生した、文化芸術活動を応援する施設。
もともと教室だった場所が、ダンス、演劇、音楽、美術製作などの活動を行なえるよう「スタジオ」「アトリエ」「ギャラリー」などとして整備され、これらのレンタルスペースは誰でも安価な料金で利用できる。

(令和3年9月27日プレスリリース)

お問い合わせ

所属課室:【その他】北区文化芸術活動拠点ココキタ

電話番号:03-6338-5711