ホーム > 区政情報 > 広報・広聴 > 報道 > プレスリリース > 令和3年10月プレスリリース > 【10月7日】高校生らが渋沢栄一をイメージしたパンを共同開発!

ここから本文です。

掲載開始日:2021年10月7日

最終更新日:2021年10月7日

高校生らが渋沢栄一をイメージしたパンを共同開発!

211007-1-110月1日(金曜日)から、北区飛鳥山の近くに所在する順天高等学校の生徒らが、令和6年に新一万円札の顔となる渋沢栄一翁をイメージして開発したパンが販売されている。
これは、「渋沢栄一プロジェクト」として、日本資本主義の礎を築き、「近代日本経済の父」とも称される渋沢翁ゆかりの地で学ぶ2高校2大学が連携し、フジパン株式会社(名古屋)の協力のもと、生徒・学生が主役となって渋沢翁に関連する新商品開発に挑戦したもの。
渋沢翁にまつわるエピソードと、若い感性が存分に取り入れられた商品は、11月30日(火曜日)までの期間限定で、東北・関東・中部のスーパー等で販売中。

(写真:日本薬科大学の学生らとオンライン会議を行う順天高等学校の生徒たち)

令和6年に新一万円札の顔となる渋沢栄一翁は、青年期までを埼玉県深谷市で過ごし、晩年は北区飛鳥山の一角に邸宅を構えるなど、北区や深谷市とのつながりは深い。

この飛鳥山の近くに所在する順天高等学校は、令和2年9月から、渋沢翁ゆかりの地で学ぶ教育機関(埼玉県立深谷商業高等学校、日本薬科大学、東都大学)と連携し、フジパン株式会社(名古屋)の協力のもと、渋沢翁に関連する新商品開発にチャレンジする「渋沢栄一プロジェクト」をスタート。生徒たちが主役となり、歴史に触れ、地域を知り、食を学ぶ体験を通して、探求する姿勢を学ぶことを目的とし、「順天高等学校×日本薬科大学」、「埼玉県立深谷商業高等学校×東都大学」の形でチームに分かれて商品のアイデア作りからパッケージデザイン、店頭POPの作成まで取り組んだ。

順天高等学校の生徒たちは、日本薬科大学の学生らのサポートを受けながら商品開発に挑戦。渋沢翁は甘いものが好きであったというエピソードと、渋沢翁の転機のひとつである、1867年に日本政府代表団の一員として赴いたパリ万博での滞在先がフランスであったことから、フランスの伝統菓子をイメージし、新商品のアイデアを考案。シナモンが香るカラメル風味のクッキーソボロとりんごジャムを使ったりんごケーキのようなパンを開発した。商品名は、『りんごのケーキ~タルトタタン風~』。

「埼玉県立深谷商業高等学校×東都大学」は、渋沢翁の好物だった「さつまいも」と北区にあった邸宅で茶を嗜んだというエピソードから「抹茶」を使用し、“みんなが楽しく幸せになれますように”という願いを込めた、『幸せさつ抹茶』を開発した。

これら2種類のパンは、東北・関東・中部のスーパー・ドラッグストアで、10月1日(金曜日)から11月30日(火曜日)までの期間限定で販売されている。

(令和3年10月7日プレスリリース)

お問い合わせ

所属課室:政策経営部シティプロモーション推進担当課 

東京都北区王子本町1-15-22 北区役所第一庁舎3階1番

電話番号:03-3908-1364