ホーム > 区政情報 > 広報・広聴 > 報道 > プレスリリース > 令和3年11月プレスリリース > 【11月25日】旧古河庭園の紅葉が見頃を迎える

ここから本文です。

掲載開始日:2021年11月25日

最終更新日:2021年11月25日

旧古河庭園の紅葉が見頃を迎える

211125-1旧古河庭園(西ケ原1-27-39)内の日本庭園で、モミジをはじめとする約220本の木々が紅葉の見頃を迎えている。
秋の深まりを感じるこの日、園内の日本庭園では、銅色や金色、燃えるような朱色に染まる木々と常緑樹の緑とのコントラストなど、美しい秋景色に多くの来園者が魅了されていた。
午前9時から午後5時(入園は午後4時30分)まで。入園料150円、65歳以上は70円(小学生以下及び都内在住・在学の中学生無料)。

(写真:紅葉と雪見灯篭(11月24日撮影))

旧古河庭園(西ケ原1-27-39)は、武蔵野台地の高低差を活かし、高台には洋館を建て、斜面には洋風庭園、低地には日本庭園を配したのが特徴。春と秋に洋風庭園に美しく咲き誇るバラが特に有名だが、毎年、秋の深まる11月ごろには、京都の著名な庭師で七代目植治こと小川治兵衛が手がけた回遊式の日本庭園が紅に染まる景色を楽しむことができる。

朝の冷え込みに秋の深まりを感じるこの日、同園の日本庭園では、モミジをはじめとする約220本の木々が紅葉の見頃を迎えた。銅色や金色、燃えるような朱色に染まる木々と「心字池*1」を中心とした常緑樹の緑とのコントラストや、紅葉に映える大きな雪見灯籠、手水鉢に浮かべた色とりどりのモミジの葉など、園内では様々なスポットから紅葉を楽しむことができる。さらに、展望台から鮮やかに色付いた木々を見渡す眺めは、まさに絶景。高低差を活かした造りの同園ならではの景色を堪能できる。

同園の室星サービスセンター長は、「当園の紅葉の色づきはとても鮮やかで、非常に見応えがあります。日本庭園とともに、洋館の入る紅葉ポイントもあればバラもまだ咲いています。都内でも珍しい和と洋の秋を堪能していただければ」としている。

友人と一緒に東京都内から訪れた女性は、「赤や黄、緑など、葉色のコントラストが鮮やかで感動しました。旧古河庭園には何度かバラを見に来ていますが、日本庭園の紅葉も素敵ですね」と笑顔で話してくれた。

1 心字池

「心」の字に似せて、鞍馬平石や伊予青石などで造られた池。池を眺める要となる「船着石」があり、正面には「荒磯」、雪見灯籠、枯滝、そして背後には築山が見られる。

新型コロナウイルス感染症拡大防止の取組み

ご来園にあたって予約は不要です。混雑状況により入場規制を行う可能性がございます。

ご来園の際は下記のご協力をお願いいたします。

  • 咳エチケット、マスク着用
  • 体調が優れない、発熱のある状態でのご来園を控えていただくこと
  • 他のお客様との距離の確保
  • 混雑時間帯を避けていただくこと(11時~14時頃が混みあう時間帯です)
  • ご来園時の手指の消毒・こまめな手洗い

参考

旧古河庭園は、もとは明治の元勲・陸奥宗光の邸宅だった。宗光の次男が古河家初代古河市兵衛の養子となったのち、古河家の所有となった。土地の高低差を利用し、和洋両庭園を巧みに調和させている。現在の洋館は大正6(1917)年竣工。

ルネサンス風の洋館と、バラ園を中心とした洋風庭園は鹿鳴館や旧岩崎庭園洋館などを手がけたイギリスの建築家ジョサイア・コンドル(1852~1920年)の設計によるもの。また、日本庭園の作庭者は、京都の庭師・植治こと小川治兵衛(1860~1933年)で、洋風庭園にも勝るとも劣らない魅力的な名園を造りあげている。大正初期の庭園の原型を留める貴重な存在であることから、平成18(2006)年1月、国の名勝に指定された文化財庭園。面積は、30,780.86平方メートル。

(令和3年11月25日プレスリリース)

お問い合わせ

所属課室:【その他】旧古河庭園サービスセンター

電話番号:03-3910-0394