ホーム > 区政情報 > 広報・広聴 > 報道 > プレスリリース > 令和4年1月プレスリリース > 【1月25日】<事前案内>「北区内田康夫ミステリー文学賞」授賞式・記念イベント観覧者募集中!

ここから本文です。

掲載開始日:2022年1月25日

最終更新日:2022年1月25日

<事前案内>「北区内田康夫ミステリー文学賞」授賞式・記念イベント観覧者募集中!

220125-2-1北区では現在、3月26日(土曜日)に開催される第20回「北区内田康夫ミステリー文学賞」の授賞式・記念イベントの観覧者を募集している。先着450名。申込みは3月11日(金曜日)(必着)まで。観覧無料。
この文学賞は、北区アンバサダーとして活動された、内田康夫氏の協力のもと平成14年に創設し、多くのプロ作家を輩出している。
第一部の授賞式では、全国から応募のあった235作品の中から大賞(賞金100万円)および特別賞(賞金10万円)を発表。第二部では、第19回の大賞受賞作品『西ケ原』を朗読劇化・上演する。
なお、各受賞作品は、『Webジェイ・ノベル』(実業之日本社)に掲載されるほか、ブックレットを作成し、授賞式の来場者や受賞者、出版関係者に配布する。
さらに、来場者全員に第20回の開催を記念してオリジナルグッズをプレゼントする。

(写真:昨年の授賞式の様子)

「北区内田康夫ミステリー文学賞」は、北区の知名度や文化的イメージを高めるため、北区アンバサダー(大使)*1として活動され、平成30年3月にご逝去された北区西ケ原出身のミステリー作家・内田康夫氏の協力を得て、平成14年に創設。今回で20回目を迎え、現在も活躍する多くのプロ作家を輩出してきた。

今回は、幅広い年齢層から235作品の応募があり、選考委員による1次・2次選考、そして最終選考を経て、大賞(1編・賞金100万円)・特別賞(1~2編・賞金各10万円)を選出する。なお、大賞および特別賞受賞作品は『Webジェイ・ノベル』(実業之日本社)に掲載されるほか、ブックレットを作成し、授賞式・記念イベントの来場者や受賞者、出版関係者に配布する。

さらに、来場者全員に第20回の開催を記念してオリジナルグッズをプレゼントする。

また、この文学賞では前年の大賞受賞作品を舞台化するという、他にはない観客を楽しませるユニークな取り組みがある点が見どころ。今回は、第二部で昨年度の大賞受賞作品『西ケ原』(原作:清水 サトル)を朗読劇化して上演(演出:深寅 芥、脚本:吉田 康二)。朗読劇ならではの演出で観客たちをミステリーの世界へと引き込む。

1 北区アンバサダー

北区の知名度や文化的イメージを高めることを目的として、北区にゆかりのある著名人にアンバサダー(大使)を委嘱し、さまざまな活動を通じて北区のPRをしていただく制度。現在、倍賞千恵子氏(女優・歌手)、弦哲也氏(作曲家)、水森かおり氏(歌手)の3名に委嘱している。なお、故内田康夫氏は平成8年10月から平成30年3月まで、ご活躍いただいた。

(令和4年1月25日プレスリリース)

お問い合わせ

所属課室:政策経営部シティプロモーション推進担当課 

東京都北区王子本町1-15-22 北区役所第一庁舎3階1番

電話番号:03-3908-1364