ホーム > 区政情報 > 広報・広聴 > 報道 > プレスリリース > 令和4年3月プレスリリース > 【3月25日】ワクチン接種移動支援にかかる協力タクシー事業者への感謝状贈呈式

ここから本文です。

掲載開始日:2022年3月25日

最終更新日:2022年3月25日

ワクチン接種移動支援にかかる協力タクシー事業者への感謝状贈呈式

220325-1北区では、新型コロナウイルス感染症のワクチン接種に伴い、自力でワクチン接種会場に行くことが困難な要介護認定者等を対象にタクシーによる移動支援を行っている。区内タクシー・バス事業者の連携による搬送体制は全国的にもめずらしく、北区方式と呼ばれている。
令和4年3月25日(金曜日)、本事業にご協力いただいている「災害時におけるタクシー・バス車両による緊急輸送協力に関する協定」を北区と締結している区内タクシー・バス事業者10社に対し、花川與惣太北区長から感謝状が贈られた。

(写真:感謝状贈呈式の様子)

令和4年3月25日(金曜日)、「災害時におけるタクシー・バス車両による緊急輸送協力に関する協定」を北区と締結している区内のタクシー・バス事業者10社に対し、自力でワクチン接種会場に行くことが困難な要介護認定者等を対象にタクシーによる移動支援および高齢者入所施設へのワクチン配送についての協力に対する感謝状の贈呈式が行われた。

東都交通株式会社の木原社長は「約1年前に移動支援事業を開始したときは、国や区も業界としても全く前例のない取り組みであり、「本当に出来るのか」と思うところもあったが、みなさまのご協力により今日の搬送体制を構築することができた。新型コロナウイルスについては、これからもまだまだ油断できない状況が続いているが、北区との連携に精一杯務めていくので引き続きご理解ご支援をお願いしたい」と話した。

来賓の元国土交通大臣 太田昭宏 公明党常任顧問は「自身もワクチン接種を受けた際にタクシーによる接種会場への移送を目の当たりにした。タクシーによる移動支援が高齢者や障害のある方の助けになっていると実感した。北区の移動支援は全国的にもめずらしく北区方式と呼ばれているが、これは平時からの緊急輸送協力に関する協定による連携、協力体制があってこそ成し遂げられた。ぜひこの取り組みを続けていただきたい」と話した。

一方、花川区長は「新型コロナウイルスの感染者は、現在減少傾向にあるものの、依然として予断を許さない状況の中、再拡大防止の切り札は早期のワクチン接種。昨年5月以降、皆様のご尽力により重症化リスクが高い移動が困難な高齢者に対する移動支援体制は、他自治体に類を見ない優れた取り組みとして区内外から高い評価をいただいている。引き続いてのご尽力により、早期の追加接種実現に向けてご協力をお願いしたい。」と話した。

1.要介護認定者の接種会場への移動支援

要介護・要支援認定を受けている高齢者や障害のある方にタクシーでの移動を支援する。タクシー料金は全額無料。

2.協力事業者

「災害時におけるタクシー・バス車両による緊急輸送協力に関する協定」を北区と締結している以下10社

東都交通株式会社、富士交通株式会社、明治交通株式会社、大日本交通株式会社、中央自動車株式会社、大和自動車王子株式会社、株式会社 日の丸リムジン、東京都個人タクシー協同組合北支部、東京都個人タクシー協同組合北第二支部、東京ヤサカ観光バス株式会社(順不同)

(令和4年3月25日プレスリリース)

お問い合わせ

所属課室:健康部地域医療連携推進担当課 

東京都北区王子本町1-15-22北区役所第一庁舎1階8番

電話番号:03-3908-1134